髪の毛の中ってどうなっているの?疑問にお答えいたします!

 

 

 

髪の毛の中ってどうなっているの?!髪の毛は簡単に説明すると、3つの層に分かれています。1つ1つにしっかりと役割をもっていています。これから1つ1つご紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「キューティクル」

 

 

 

髪の毛のツヤや手触り、硬さに影響します。髪の毛の内部を保護する役割があります。またトリートメントをしっかりする事によって、キューティクルが整いカラーの退色、パーマの持ちも良くなります。

 

 

 

「コルティクス」

 

 

 

縦に連なる繊維状のもの集まりで、強度を保つ役割があります。髪の毛が細い人は、髪全体の繊維が小さいのではなくコルティクスの繊維の数によって、髪の毛太さが違ってきます。

 

 

 

「メデュラ」

 

 

 

髪の毛の中心にあります。細い髪の毛には、なかったり途中で切れている場合があります。

 

 

 

髪にとって大切なCMC脂質とは?

 

 

 

髪の毛の中に、わずか3.5パーセントしか含まれていない成分なのですが、たんぱく質や水分を保持する大切な役割があります。

 

 

 

キューティクル同士、コルティクス同士をくっつけています。カラーリングやパーマによる影響を初めにうけて、さらに年齢とともに減少していく成分です。

 

 

 

またお店では、必ず髪の毛ダメージが出ている方には、施術前に、CMC脂質を補うトリートメントをしてカラーリングやパーマをされたお客様でも健康な髪でいてもらえてるように、させていただいてます。

 

 

 

髪は年齢とともに傷みやすくなる?

 

 

 

最近では、ヘッドスパなどで頭皮のエイジングケアが広まりましたが、頭皮と同じように髪の毛にもエイジングが起きています。

 

 

 

髪の毛内部の脂質成分が、20代から減少して「基礎体力がダウン」します。ヘアカラーやパーマ、日々のさまざまなダメージの影響を受けやすくなります。

 

 

 

髪の毛が細くなった、ボリュームがなくなったなどの見た目の変化を感じる前から、髪の毛内部ではじまってきるエイジング。内部脂質を補うサロンのシステムトリートメントなどでケアもオススメです。

 

 

 

基礎体力をキープしていつまででも年齢に関係なく欠点を補うデザインでは無く、自分したいスタイルをずーっと続けられるといいですね!

 

 

 

img_1092

 

 

 

スポンサーリンク