img_1479

髪の毛に良いお酒の選び方!

髪の毛に全く無関係そうな、お酒。
実は関係なく無いんです!

お酒が与える髪の毛への影響

お酒が髪の毛に与える悪い影響というのは、肝臓へのダメージです。
その肝臓は、アルコールを、分解してくれる働きをもっています。
その時アセトアルデヒドという成分が分泌されます。
二日酔いになるのは、このアセトアルデヒドという、成分が原因です。
このアセトアルデヒドを無害にするのが髪の毛を作る成分でもあるケラチンです。

そのため、お酒を飲みすぎると髪の毛を作るのに必要なケラチンをたくさん消耗して、代わりにスカスカな髪の毛になってしまいます。

 

髪の毛に良いお酒

・日本酒
日本酒に含まれているものとして、アデノシンとアミノ酸が育毛に効果があると言われています。
血行を良くする効果があり、毛母細胞も活性化させる効果もあるみたいです。

 

・ワイン
ワインに含まれるポリフェノールの一種が抗酸化作用があり、また血行促進効果もあります。
抗酸化作用とは、薄毛の原因でもある活性酸素を排除する役割があります。

 

・ビール
ビールの原料となるポップは、女性ホルモンを活性化させるため、脱毛の原因として考えられている男性ホルモンを抑制してくれます。
さらに、ビールを飲み、頭皮をマッサージすることで、ビールとの栄養が行き、髪の毛を太くする働きがあるみたいです。

 

お酒は、以外と髪の毛に影響を与えます。
見えにくい変化かもしれませんが、お酒の飲み過ぎには注意しましょう!