img_1113

ダメージケアとエイジングケアの関係性とイオシリーズのワンランク上のトリートメントの紹介!

 

 

 

ダメージケアとエイジングケアの関係性は、髪の毛のエイジングは20代からすでに始まってます!年齢とともに髪が細く感じると思う前に、すでに髪の毛の内部では変化が始まっています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

脂質コンディションの低下が原因

 

 

 

内部の脂質成分が20代ですでに減少しており、コンディションが低下する原因となります。具体的に脂質が低下すると、「水分の低下」「強度の低下」「髪の毛の空洞化」などが、始まります。

 

 

 

実際、『髪の毛の強度が下がったかな?』『髪の毛が空洞化している』というと分かりづらく、質感での印象の「乾燥しやすくなった」「ツヤがなくなった」「手触りが悪くなった」などをエイジングケアを始めるサインにするとわかりやすいですね。

 

 

 

若い時は、パーマやカラーをしてもなんともなかったのにのと言う方々がほとんどです。実際に、エイジングによってダメージの影響を受けやすくなっています。

 

 

 

脂質の減少が進んだ髪は、受けるダメージ度合いが相対的に大きくなります。以前より、髪の毛が傷みやすくなったと感じるのは、髪の毛の基礎体力が低下しているからです。こういった悩みが出てきてもエイジングケアのサインの1つですね!

 

 

 

マザーエッセンス

 

 

 

年齢による髪の変化が特にきになる方に美容液成分で優しくしっかりケアされたい方にオススメです。

 

 

 

植物由来の美容液成分、100%で作られてるので安全に優しくケアして、髪の基礎体力を本格的にケアしてくれます。オーガニック精油を配合した天然香料をブレンド。
スッキリとした香りが優しく広がり、ローズの香りへと変化してリラックス効果を深めてくれます。

 

 

 

スポンサーリンク