EAF45972-4844-4BC8-A68E-6A90476B7D3D

稀少なトマト!黒トマトとは⁇

 

 

 

皆さん、『黒トマト』というトマトをご存知ですか⁇
黒トマトと言っても、見た目はそんなに黒くありません。まだ熟してないような、不思議な色をしています。最近はスーパーでもチラホラみかけますよね。今日は、そんな黒トマトについてご紹介したいと思います。

 

 

 

黒トマトってどんなもの⁇

 

 

 

黒トマトは、見た目は正直いって美味しそうには、みえませんが、比較的癖のない味わいで、酸味が少ないのが特徴です。普通の赤いトマトと、同じように、生で食べる事も出来ますし、調理をしてもおいしく食べる事も出来ます。
黒トマトには、『アントシアニン』という物質が含まれており、茄子やブルーベリー、紫イモに含まれている青紫色の、天然色素成分です。

 

 

 

黒トマトの健康効果とは

 

 

 

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種であり、パソコンなどで疲れた目の疲れをとり、目の働きを良くするといった効果があげられます。
また、内臓の脂肪を減少させ、肥満や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の予防や、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった花粉症の症状を和らげる効果があります。

 

 

 

763A37A8-C8F5-4884-AAF9-DA5D54EEB81B
 

 

 

黒トマトによる美容効果

 

 

 

黒トマトには、強い抗酸化作用を持ち、生活習慣病や肥満の予防、美肌
効果があります。

 

 

 

黒トマトを育ててみよう

 

 

 

稀少なブラックトマトですが、実は育て方が非常に簡単なのです。しかし、美味しい実をつけるには、コツが要ります。
比較的強い品種ではありますが、あまり面倒をみないと、病気になってしまうので、注意が必要です。
プランター栽培をする場合、古い培養土は使わず、新しいのを使うと、病害虫を防げます。
低温に強く、暑さは弱いので、真夏は苦手です。
脇芽をきちんと摘んで風通しを良くしておく必要があります。
未熟な状態で収穫すると、ブラックトマト本来の旨みや甘みが薄まりますので、出来るだけ木につけた状態で、黒くなるのを待ち、収穫すると美味しいです。

 

 

 

黒トマトのまとめ

 

 

 

黒トマトは稀少と言われていますが、最近ではスーパーに行くと並べられています。お値段は普通のトマトと比べると少し高いですが、簡単に苗からでも育てられますので、是非、食べてみて下さい。