抜け毛の原因、ホルモン要因編

ホルモン要因についての紹介です!

 
 

ホルモン要因

 
 
・「男性ホルモン(テストステロン)と、酵素(5αリダクターゼ)が結びつき強力な男性ホルモン(DHT)が発生」→「過剰な皮脂の分泌」&「脱毛を促進するシグナルの発生」→「毛髪の窒息」「髪の成長を妨害」「退行期への移行指令」です!
 

抜け毛ホルモンDHT

 
 
・抜け毛は、男性ホルモンが原因と一般に言われていますが、噛み砕いて説明すると男性ホルモンと酵素(5αリダクターゼ)が結びつき強力な男性ホルモンDHTが生まれます。どうやって結びつかないように予防するかは、シャンプーなどや育毛剤などで予防ができます。
 
 

過剰な皮脂の分泌

 
 
・DHTにより、過剰な皮脂(頭皮の汚れ)が出てきます。今の夏の時期時に気になりシャンプーを何度もされる方もよくいらしゃいますが、市販のシャンプーなどは洗浄成分が強すぎて逆に、皮脂を必要以上に取りすぎて、皮脂の分泌を促し悪循環にもつながり注意です。
 

抜け毛促進シグナル

・DHTが、抜け毛を促進するシグナルも発生させるので、こちらも注意です。皮脂の分泌が多くなったなと実感される方は、一緒に抜け毛シグナルも出ていると思って頂いてもいいかもしれないです(ー’`ー;)
 
 

毛髪の窒息

 
・毛髪の窒息では、過剰な皮脂などが溜まり言葉の通り窒息する事です。髪と頭皮に良くないのはもちろんニオイの原因にも繋がってきます!
 

髪の毛の成長を妨害

 
・髪の窒息にもつながるのでけど、良い環境でないと髪の成長がしずらかったり、そのうえ抜け毛シグナルまで、出てくるとなかなか、「抜け毛の状態→髪が生える」状態に持っていきずらくもなり、実感にも時間がかかり途中で諦めてやめてしまう原因に……
 

退行期への移行指令

 
・髪には、「髪が生える時期」「成長しない時期」「抜け毛の時期」などがあります。退行期は抜け毛の時期の事で、髪が生える時期より抜け毛の時期の割合が多くなると薄毛の状態に……
 
今回は、ホルモン要因についてでした!
血行不良などは、頭皮マッサージで補える部分なのですが、ホルモン要因は、シャンプー剤など薬品などのフォローが大切になってきますね!