image

「ノンシリコンシャンプー」と「シリコンシャンプー」の違い!

 

 

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いって何か知っていますか?

 

 

 

最近、人気のノンシリコンシャンプーというのは、シリコンが入っていないので、頭皮も優しく、サラサラな仕上がりになり、安心して使っていただけます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは!

 

 

 

従来からあるシリコンが入っているシャンプーはシリコンが入っている事で、髪の毛をシリコンがコーティングしてくれて、絡まるのを防いでくれる役割をしてくたり、髪の毛にツヤを与えてくれます。

 

 

 

市販のシャンプーでありがちなのが、シリコンが入りすぎてて、髪の毛をコーティングしすぎることもあります。

 

 

 

そうなると、髪の毛がペタっとしたり、乾きにくかったり、変な光沢がでたり、香料が強すぎる事もあります。

 

 

 

かといって、市販のノンシリコンシャンプーを使うと、髪の毛が長い方だと、キシんで指通りが悪くなったり、絡まってしまうのが、使われた方の意見で多いです。

 

 

 

なぜ、市販のノンシリコンシャンプーは、キシんだり、絡まったりすることが多いのか、それは、汚れを落とす為の、界面活性剤という成分にあります。

 

 

 

市販の物で使われている界面活性剤は石油系で名前の通り、洗浄力が強いので、ノンシリコンシャンプーだと、キシんだり、絡まったりしてしまうのが原因です。

 

 

 

お店で取り扱っているノンシリコンシャンプーに使われている界面活性剤には、アミノ酸系の界面活性剤が使われていて、頭皮も優しく、でもしっかり洗えるタイプの物が多いです。

 

 

 

知ってるようで、知らないシャンプーのお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク