IMG_2016

アーモンドは美容と健康に効果的!

美と健康に良いものは、身体の内側から摂取することが効果的です。
それは、普段から食べる物を気を付けることも大切ですが、栄養価の高いものを気にして摂取することも大切です。

 

美容や老化防止にも効果があるとされている素焼きのアーモンドがあるとして、注目されています。

よく、スーパーなどでも売られていますが、一番栄養価の高い食べ方としては、生のまま食べることがオススメです。
しかし、食べればキレイになれると思って食べ過ぎるのは注意しましょう!!

 

アーモンドに含まれる栄養素とは?

〜ビタミンE〜

アーモンドには、ビタミンEが含まれています。ビタミンEには、どういう効果があるのかもいうと、活性酸素による抗酸化作用が、細胞の酸化を防いでくれる効果があります。
この栄養素により、老化のスピードを遅くしてくれたり、ガンや生活習慣病にも効果があると言われています。

〜オレイン酸〜
このオレイン酸というものは、アーモンドに70パーセント含まれているとされています。
オレイン酸は、不飽和脂肪酸というあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、普通の油と違って、身体で酸化しにくく、さらに、善玉コレステロールの動きはそのままで、悪玉コレステロールだけを抑制する働きがあります。

人間の身体にも良質な油は必要だとされるので、理想的な栄養素だと言えます。

〜ミネラル〜
アーモンドに含まらるミネラルは、身体に良いとされるミネラルウォーターのようやミネラルバランスを保っています。
人間が生きていかなかで必要なミネラルをバランスよく摂取することができます。

〜食物繊維〜
同じ分量で見ると、アーモンドは、サツマイモの4倍の食物繊維を含んでいます。
食物繊維で町内を洗浄し、身体の中から健康を作ります。

 

ちなみに〜、、

さきほど紹介した、オレイン酸には、ダイエット効果もあります。
低脂肪を気を付けた食事よりも、不飽和脂肪酸を気にして摂取した方が理想的な体重減少が期待できそうです。
さらに、リバウンドが少ないと言われています。
そうなると、いつアーモンドを食べれば良いかというタイミングですが、、

結論から言うと、いつのタイミングでも大丈夫なのですが、ダイエット効果を高める為に食べるとすれば、食前と間食に食べることです。
アーモンドは、低脂質かつ、食物繊維が豊富に含まれています。
食前に食べることで、そのあとに食べる食事の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。
また、アーモンドのカリカリとした食感もあり、よく噛んで食べることで満腹中枢も刺激され、いつもより早く満腹感を感じます。
そのため、自然と食べる量が減るり、食べ過ぎもなくなります。

これは、人に個人差はありますがこのような効果があります。

 

 

アーモンドの理想的な摂取量とは?

理想的なアーモンド摂取量は、1日に20粒程度だと言われています。
しかし、体の大きい人、小さい人によって個人差があります。

 

アーモンドを食べるときに気を付けたい事とは?

アーモンドには、薄川が付いていますが、その薄皮は、剥かずにそのまま食べることがオススメです。薄皮には抗酸化成分などが含まれています。
さらに、しっかり噛んで食べること!
しっかり噛んで細かくして、胃に負担をかけないように、有効成分をしっかり吸収します。

 

アーモンドの保存方法とは?

そのまま保存しておくと、だんだん酸化していきます。
ですので、出来るだけ、個包装になっているものを選んだりすることがオススメです。
しかし、コスト的に大人買いしたほうがお得なので、密封しと容器に入れて保存しておきましょう!

そして、暗くて冷えた場所に置いておくと良いです。
暖かい場所に保存しておくと、だんだん劣化していきますので気を付けましょう!!