スポンサーリンク

夏のダメージ、なかった事に♡今ならまだ間に合う!秋にすべきスキンケア

 

 

夏は紫外線対策、冬は乾燥対策。

 

 

 

そして秋は夏のダメージを補修し、冬の保湿の準備をするとっても大事な時期なんです!

 

 

 

夏と冬の間にある秋こそ本当はすごく重要なんです。秋にすべきスキンケアで1年中理想的なお肌をしっかりキープしましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

夏の紫外線ダメージをケア

 

 

大量の紫外線や日焼けにより肌のダメージ。秋が来てやっと解放された!!と安心するのはまだ早いのです。

 

 

 

むしろ秋は夏以上にダメージをいたわる時期なんです。

 

 

 

image

 

 

必要なのは角質オフ

 

 

夏の肌は水分が蒸発しやすく、肌がべたつくからと保温を怠りがち。

 

 

 

そんな夏を終えた肌は水分不足で古い角質が滞りやすくなり、ごわついたりさらには化粧水も浸透しにくい状態なんです。

 

 

 

夏の間ダメージを受け続けた角質層は傷ついたり機能が低下している状態が多く見られます。

 

 

 

そのままにしておくと肌は水分量不足で乾燥し、保湿効果の高い化粧品を使っても有効成分が浸透しにくく皮膚トラブルを発生させる事に繋がってきます。

 

 

 

じゃあどうやって角質オフすればいいの…?

 

 

 

酵素洗顔のすすめ

 

 

ピーリングやスクラブ洗顔などありますが今回イチオシしたいのが「酵素洗顔」

 

 

 

酵素洗顔の特徴は優しく肌をいたわりながら、いらないかくしつをオフ出来ること。よぶな角質を取り除き明るく手触りの良いお肌に仕上げることができます。

 

 

 

週に1〜2回の使用で十分!もちろん毎日使ってもOKです。

 

 

 

しっかりと泡立てて、毛穴の黒ずみなどが気になる小鼻などはくるくると指でなでてあげて♡

 

 

 

image

 

 

冬に備えて保湿ケア

 

 

乾燥が気になってくる冬。

 

 

 

保湿はお肌のハリだけではなくお肌のバリア機能も整えてくれ、またターンオーバーも促進してくれます。

 

 

 

つまり乾燥してきてから保湿対策をしても遅い場合があります。

 

 

 

保湿は、お肌の水分量を守ると同時にお肌のバリア機能も整えてくれます。本格的な乾燥シーズンを迎える前から意識して取り組んでおきましょう。

 

 

 

image

 

 

ぬるま湯が肌に適切

 

 

いつものシャワーの温度じゃちょっぴりお肌にはあつすぎるかも?

 

 

 

洗顔料をよく泡立ててお肌の上を滑らせるように洗ったら36〜38度のぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

 

 

 

お湯が熱すぎると必要な皮脂が奪われ、肌本来の保湿成分が奪われてしまいます。

 

 

 

洗顔後にお肌が突っ張るような感覚があったら洗顔料の洗浄力が肌と合わない可能性も。乾燥がきになるときは保湿成分配合の洗顔料や乾燥肌向けと書かれたものを選びましょう♡

 

 

 

洗った後はすぐ保湿

 

 

洗顔後のお肌は水分が蒸発しやすいのでタオルでふんわり水気を取ったらすぐに保湿をするように心がけましょう。

 

 

 

化粧水で水分補給、乳液やクリームで油分塗布、美容液での水分保持が保湿の3つのポイントです。特に化粧水はいつもより多めでさらに数回に分けて肌に浸透していく様子を実感しながらがおすすめです。

 

 

 

秋の徹底ケアで理想の美肌を手に入れよう♡

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ