スポンサーリンク

頭皮の色でわかる!あなたの頭皮は健康ですか?

 

 

みなさんはご自分の頭皮の色を見たことがありますか?頭皮のトラブルは色で見分けることができます!健康な髪は健康な頭皮から作られます!

 

 

 

image

 

 

 

スポンサーリンク

 

健康な頭皮の色って?

 

 

健康な頭皮は、透明度のある青みがかった色をしています。このような色をした頭皮は、1つの毛穴から3〜4本の髪が生えていて、毛穴に皮脂が詰まっていることもありません。

 

 

 

赤色の頭皮

 

 

「頭皮が赤くなる原因」

 

 

紫外線を浴びたことによって炎症を起こしている場合や、頭皮の血行が悪くなっている場合には、頭皮が部分的に赤くなります。

 

 

 

頭皮の血行が悪くなって赤くなっている場合は、抜け毛につながることもあるので早めにケアをする必要があります!またシャンプーや、ヘアケア剤に配合されている合成界面活性剤や防腐剤、香料などの化学的に合成された成分が頭皮を刺激して、負担を与えているためです。

 

 

 

赤い頭皮

紫外線による影響で頭皮が炎症を起こしている、もしくは頭皮が固く張っている場合が多く、特に男性は抜け毛や薄毛の原因となります。マッサージで頭皮の血行を促進し、コリをほぐすことで改善を目指します。

 

 

 

ピンク色の頭皮

 

 

「頭皮がピンク色になる原因」

 

 

頭皮が乾燥して、過敏になっていると、頭皮がピンク色になります。頭皮も、顔の肌と同じように、皮下組織の上に真皮と表皮ときる層が重なっていて、表皮が真皮から水分が奪われたり、外部からの刺激が侵入したりしないようにして真皮を守っているのですが、この守る機能が低下すると、真皮からコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が失われ、頭皮が乾燥してピンク色になってしまうのです。

 

 

 

ピンク色の頭皮

 

 

頭皮が乾燥して、過敏になっている状態で、フケやかゆみ、べたつきなどの頭皮トラブルが起こりやすくなります。頭皮に栄養を浸透させ、保湿しうるおいを与えることで、改善を目指します。

 

 

 

茶色の頭皮

 

 

「頭皮が茶色になる原因」

 

血行がよくないため、古い血が澱んでいるような状態だと頭皮が茶色になってしまいます。髪が成長するのに必要な栄養分と酸素の供給が不十分なため、老廃物が蓄積してしまい、健康な髪が成長しない恐れがあります。

 

 

 

茶色の頭皮

 

 

頭皮が茶色く、くすんでいる方は、紫外線による日焼けや、乾燥による皮脂の過剰分泌が起きていることが多く、頭皮のニオイやかゆみといった症状が出やすくなります。ピンク色同様、頭皮の保湿をしうるおいを与えることで、健康な頭皮環境に整えます。
 

 

 

黄色の頭皮

 

 

「頭皮が黄色になる原因」

 

睡眠不足やストレスなど、生活習慣が不規則になったり、栄養バランスの悪い食事を日常的なに摂取したりしていると、血液の循環、リンパの循環が悪くなり、毛穴に皮脂が詰まってしまい、頭皮が黄色っぽくなってしまいます。

 

 

 

黄色の頭皮

 

頭皮が黄色の方は女性に非常に多いです。首や肩の凝り、眼精疲労、抜け毛や薄毛、細毛や白髪などのトラブルが起きやすくなります。赤色同様マッサージで頭皮の血行を促進しコリをほぐすことで改善を目指します。

 

 

 

頭皮を健康な色にするには…

 

 

image

 

 

1▷日常の食生活や睡眠不足を改善する
2▷正しいシャンプーの仕方を身につける&自分にあったシャンプーを選ぶ
3▷ヘッドスパを受ける
などといった方法が効果的です!

 

 

 

頭皮が不健康な色だと、薄毛や髪がパサパサになったりとダメージが大きいです。
正しいケアで健康な頭皮の色に!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ