スポンサーリンク

たまにはやってみて!利き手じゃ無い手を使うといい事いっぱい!♡

 

 

普段なかなか使わない利き手じゃ無い手!!利き手は先行的な物なので利き手そのものを変更する事は不可能である。

 

 

 

非利き手をほとんど使わない為使わなければならない時にまともに使えない事が多いです。

 

 

 

普段使わない手を使うと言う事は意識せずに自動化されていた動きを意識しながら行わなくてはならない。

 

 

 

クセや生活習慣でどちらか一方だけしか使ってないケースがほとんどです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

利き手じゃない方の手を使うと…。

 

 

密着な関係がある利き手を脳。バランスよく脳を使いたいなら利き手じゃない方のてを積極的に使ってみましょう。

 

 

 

利き手と脳は密接な関係があり、右手は左脳と、左手は右脳と繋がっています。

 

 

 

一般的に右利きの人は左脳が発達し、左利きのひとは右脳が発達していると言われていますが、バランスよく両方の脳を使う事を心がけるなら利き手ではない手を積極的に使ってみましょう。

 

 

 

image

 

集中力が高まり、意思向上にも繫がる

 

 

慣れていない方の手を使う事で集中力は高まります。

 

 

 

利き手と逆の腕を使ってない歯磨きをすると精神的な柔軟性や、集中力が高まるという。

 

 

 

毎日少しずつ取り組む事で集中力もアップしていきます。日常の習慣を少し変えるだけで人の意識力が向上するそうです。

 

 

 

さらには怒りを抑える効果もあり!

 

 

研究によると、2週間利き手と逆の手を意識的に使う事で怒りの感情をコントロールしやすくなる事がわかっています。

 

 

 

普段と違う方の手を意識して使う事で自制心を司る脳部位がしげきを受けるのだという。

 

 

 

image

 

ちょっとした事から始めてみましょう

 

 

毎日無理をせず、ちょっとした動作をするだけでも脳にはいい効果がありそうです。

 

 

 

必ず毎日行う行為の中に利き手と逆の動作を取り入れる事が継続のコツです。

 

 

 

たとえば、カバンの持ち手を変える、靴下を履く順番を逆にする。文字を書いたりお箸などは難しいので、できる事から始めてみましょう!!

 

 

 

逆利き手を使って脳をフル回転しよう!普段きずかなかった事にもきずくかも!?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ