スポンサーリンク

頭皮の硬さは?頭皮が硬いと起きる様々な影響

頭皮の硬さを気にされたことはありますか?

 

 

 

「気にしたことがない。」という人が多いですが、頭皮が硬い状態は、ある症状の危険信号でもあるのです。

 

 

 

頭皮の硬さとは?

 

 

 

IMG_4547

 

 

 

なぜ、頭皮が硬いといけないのでしょうか?

 

 

 


頭皮が硬いと血液の循環が悪くなります。

 

 

 

身体の隅々にまで栄養を届ける役目をもっているのが血液です。

 

 

 


その血液が頭皮や、そこにある毛根にしっかり届かなくなると髪の毛が栄養不足になってしまいます。

 

 

 


その結果が「薄毛」や「抜け毛」となって現れてしまうのです。

 

 

 

つまり、頭皮が硬いということは、薄毛や抜け毛への危険信号だと捉えることができます。

 

 

 

セルフチェックの方法

 

 

 

頭皮もおでこから続く頭の一部です。

 

 

 


本来なら、おでこと頭皮は同じ硬さでなくてはいけません。

 

 

 

実際に触ってみてください。
もし、おでこより頭皮の方が硬いのであれば、薄毛や抜け毛の危険信号が出ていますよ。

 

 

 

頭皮の硬さが分かる、簡単なセルフチェックをしてみましょう。

 

 

 

10本の指を広げて、頭皮をつかみます。

 

 

 


そのまま、円を描くように指を動かしてみましょう。

 

 

 

頭皮が指といっしょに動きますか?

 

 

 

【頭皮もいっしょに動く】
健康的な頭皮の柔らかさです。

 

 

 

【頭皮が動かず、頭がい骨を直に触っている気がする】抜け毛原因
薄毛原因
シャンプーマッサージ

残念ながら、不健康な頭皮の硬さです。

 

 

 

すでに、薄毛や抜け毛が進行しているかもしれません。

 

 

 

セルフチェックで、頭皮が硬いという結果が出てもご安心を。

 

 

 

自分で、頭皮を柔らかくする方法があります。

 

 

 


それは、頭皮マッサージです。

 

 

 


毎日、1分ほど続ければ効果が出てくるでしょう。やり方は簡単です。

 

 

 

シャンプーのときに、頭皮を意識的にマッサージするだけです。

 

 

 

このときに注意することは、シャンプー剤をしっかり泡立てることと、ツメを立てないということです。

 

 

 


指の腹で頭皮をマッサージしましょう。

 

 

 

血液の循環が良くなって毛穴の汚れもしっかりとれるので、薄毛や抜け毛対策に効果的ですよ。

 

 

 

それでも頭皮が硬く、薄毛や抜け毛が心配な人には育毛剤をうまく利用する手段があります。

 

 

 


育毛剤は血液の循環を良くし抜け毛を予防するという製品です。

 

 

 

発毛効果も期待できるので、薄毛や抜け毛に悩んでいる人にはオススメですよ。

 

 

 

育毛剤を使うにしても頭皮が柔らかい方が、効果が出やすいですよ。

 

 

 

まずは、頭皮マッサージから始めてみましょう。

 

 

 

眼精疲労は抜け毛・薄毛の原因!?

 

 

 

IMG_4546

 

 

 

目の疲れは頭皮に影響するので気を付けましょう

 

 

 

眼精疲労とは?

 

 

 

目の疲れには、疲れ目と眼精疲労があります。

 

 

 

疲れ目は、睡眠をとったり、目を休めたりすることで、目の疲れが回復する目の疲れで、眼精疲労は、睡眠や休憩をとっても、目の疲れが取れない目の疲れのことです。

 

 

 

始めは、ちょっとした目の痛みやかすみを感じる疲れ目であっても、その疲れが蓄積されていくと、眼精疲労になってしまい、肩こり、頭痛がおこり、さらにめまい、吐き気、不眠、食欲不振などの症状がおこります。

 

 

 

眼精疲労と抜け毛・薄毛の関係性

 

 

 

眼精疲労の原因には、大きく分けて、3つの原因があります。

 

 

 

近視や乱視などの屈折異常や、老眼などの加齢による調節以上による場合。

 

 

 

またはコンタクトレンズを長時間装用することや、パソコンなどを長時間使用した為に瞬きの回数が減ってしまい、涙の量が減ることで眼球に十分な水分が補給されなくなっておこるドライアイが進行したことによる場合。

 

 

 

そしてストレスや自律神経の異常によっておこる場合の3種類です。

 

 

 

この原因のうちのドライアイと、ストレスが、抜け毛や薄毛に影響を与えます。

 

 

 

それは眼精疲労によって、目の周辺、首筋、肩が血行不良になり、血液、リンパ液の循環が悪くなるからです。

 

 

 

血液やリンパ液の循環が悪くなると、筋肉が硬くなり、肩こりがおこったり、首が痛くなったりしますが、このような状態の時には、頭皮も硬くなっています。

 

 

 

血液やリンパの循環が悪いので、頭皮が硬くなり、毛穴がつまり、毛穴が詰まったために、さらに循環が悪くなり、頭皮に必要な栄養も十分に供給されず、新陳代謝がおこなわれなくなるという悪循環に陥ってしまい、頭皮が不健康な状態になってしまう為、抜け毛や薄毛になってしまうことがあるのです。

 

 

 

眼精疲労の改善方法

 

 

 

眼精疲労を改善する為には、目に疲れを蓄積させないことが大切です。

 

 

 

仕事で長時間パソコンに向かわなければならない人は、一定の時間が来たら、視線を替え、窓の外を眺めたり、立ちあがって首や肩を回したりするだけでも、目の疲れは大きく軽減されます。

 

 

 

次に心がけたいのが生活習慣です。

 

 

 

人間の身体は、自律神経の働きによって、夜間22時を過ぎると休息の為の準備をする状態になり、22時から2時までの間に睡眠をとっていると、身体の疲れが修復されるというメカニズムがあります。

 

 

 

従って、同じ時間だけ睡眠をとっても、睡眠をとっている時間帯によって、疲れが修復される度合いが変わってきます。

 

 

 

質の良い睡眠は、身体の疲れ、目の疲れに欠かせないものですので、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

 

 

 

その他には、目の疲れを癒すために、目の周りのツボを押したり、顔や頭皮のマッサージをしたりすることも有効です。

 

 

 

また、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に目に当てて、目の周りの血行を促進するのも良い方法です。

 

 

 

ちょっとした疲れ目のうちに目を労わって、眼精疲労に進まないようにすることが一番ですが、眼精疲労になってしまったら、仕事の合間に目を休める工夫をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ