スポンサーリンク

春の正しい美容ケア!紫外線対策と水分補給で美しいお肌に!

 

 

 

寒い冬が終わり、だんだんと暖かく春に近づいてきました。春は意外と肌トラブルの原因が多い季節です。今回は春の正しい美容ケア方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

春の美容ケア方法とは?

 

IMG_8196

 

 

人の肌は季節によってその反応も違ってくるので、ケアをする時には季節に合わせたケアを行なっていくということが大事になります。

 

 

 

特に肌の荒れやすい季節である春は肌のケアがとても重要になります。

 

 

 

春は冬が明けて気温が上昇し始める季節です。また紫外線の弱かった季節から紫外線の強い季節に変わっていくということもあって紫外線対策にも気をつけないといけない季節です。

 

 

 

そして一番の問題は花粉症によるアレルギーです。

 

 

 

人によっては全く悩まなくてもいい問題ですが、花粉症に悩まされている人は非常にやっきな季節になります。ホルモンのバランスが乱れるとアレルギー症状も悪化することになり、乾燥にも悩まされやすい季節になります。

 

 

 

こういった問題の一つ一つに対策を立てていくことが重要になります。気温の上昇はそのまま皮脂分泌の多さにつながっていきます。

 

 

 

皮脂が増えればニキビの問題に悩まされるようになりますし。脂性肌に傾きやすくなるのでスキンケアの方法も冬とは全く違ってきます。

 

 

 

厳しい環境から穏やかな気候になることで体調を崩しやすくなる季節でもありますので肌の状態が安定しないという人も多くなります。環境の変化は人にストレスを与えることになりストレスによる肌荒れにも気をつけないといけなくなります。

 

 

 

春のスキンケアは多くのことに気を配っていかないといけないのでケアが手抜きになりがちです。油断が肌トラブルをより深刻な物にしてしまいますから、面倒でもしっかりとケアを行なっていくようにして下さい。

 

 

 

春の美白対策の方法とは?

 

image

 

 

春は紫外線がだんだん強くなってくる季節です。自分の目指す理想について考えてみましょう。理想的な肌ということを考えると、美白にこだわりたいという人が多いかもしれません。

 

 

 

顔だけではなく全身が白く綺麗な肌は女性的で非常に魅力です。

 

 

 

美白を目指すためには紫外線対策を行い、シミを作らないようにして、肌の生成能力を高めて、新陳代謝を活発にしてあげる事が大事になります。

 

 

 

紫外線を避けるためには日焼け止めも必要ですが、光毒性についても理解を深める必要があります、食べ物の中にはソラレンという光毒性物質を含む物があり、それを食べてから紫外線を受けるとダメージが大きくなりシミができやすくなります。

 

 

 

紫外線対策は美白にとって一番重要な事なので特に注意をするようにしてください。肌の生成力を高めたい人はビタミンCを多く摂るようにします。コラーゲンが作られるようになり、綺麗な肌、弾力のある肌、潤いのある肌が作られるようになります。トマトを食べるようにすると良いようですよ。

 

 

 

新陳代謝を高めるためには運動と睡眠が重要になります。生活の中では運動と睡眠にこだわってみてください。

 

 

 

水分補給が美容のカギ

 

image

 

 

理想的な肌の状態と言えば赤ちゃんのような肌ではないでしょうか。キメが細かく、うるおいがあり、ハリと弾力のある肌は美肌を求めている女性にとって憧れの肌です。

 

 

 

完全に赤ちゃんと同じ肌を手に入れる事は難しいかもしれませんが、近付ける事は出来ます。

 

 

 

赤ちゃんと同じような肌を目指すならまずは水分補給から始めてみましょう。

 

 

 

赤ちゃんは大人に比べて体ぜんたいの水分量が多い事が特徴です。年令を重ねていくと体からは水分がどんどんと無くなっていき、成人になると6割、さらに年老いていくと5割程度まで減少してしまいます。

 

 

 

それに対して赤ちゃんは7割以上の水分を持っています。年齢と共に体から失われていく水分をどのようにして補っていくか、乾燥を防いでいけるかがカギになるわけです。

 

 

 

スキンケアで化粧水をたっぷり使うことが肌の潤いを保つために効果的徒言われますが、化粧水をどんなに使ってみても大した水分量にはなりません。

 

 

 

体に水分を補給するなら、直接口から摂取したほうが多くの水分を取り入れる事ができます。

 

 

 

人間が一日に必要とする水分は約2リットルなので、それを一度に飲まずに6回から7回程度に分けて補給していくといいでしょう。料理などに使われる水分もありますので、水を飲んで補給する分は1.5リットル程度になります。

 

 

 

カフェインを含んでいるお茶などは利尿作用が働き体に取り込まれる水分の量が少なくなります。純粋に水を飲んでいく事が体の水分を保つ一番簡単な方法です。

 

 

 

住んでいる地域に合わせた紫外線対策!

 

 

紫外線は季節や時間によってその強さが変わります。当然地域によっても強さは違い、日本で言うと沖縄の紫外線量は北海道の約2倍と言われています。

 

 

 

南に住む人のほうが肌が黒く、北に住んでいる人ほど肌が白い理由も紫外線の量が違うからなのです。紫外線はその強さにあわせて生活を変えていく必要があります。

 

 

 

UVインデックスでその日の紫外線の強さを調べることができます。UVインデックスが11以上になった時には外出を控えたほうがいい状態になります。紫外線対策を行っている人は参考にしてその日の生活スタイルを決めてみるといいでしょう。

 

 

 

紫外線の強さでもう一つ忘れてはいけないことが標高です。紫外線は標高が高いほど強くなっていきます。これは緯度による違い以上に変化が大きいため、どこに住んでいても注意しないといけません。

 

 

 

標高の高いところに住んでいれば紫外線の影響を強く受けることになり、標高の低い所なら弱くなります。海沿いの街なら標高が低くなりますが、内陸になると標高が高くなります。内陸の街ほど紫外線の影響を強く受けるということになりますね。

 

 

 

自分の住んでいる地域がどれほど紫外線の影響を受けているのかを調べてみてください。

 

 

 

そして季節や時間にあわせて紫外線との付き合い方を変えていくようにしてみましょう。紫外線は肌の老化を引き起こす第一要因です。人生の中で浴びた総量の分だけ老化を進行させると言われていますので、少しでも肌の若さを保つためには紫外線を避けて生きていくようにするのがいいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

春は暖かく過ごしやすい時期ですが、紫外線や花粉症などトラブルも多くなってくる季節です。自分にあった正しい肌ケアを行って、美しいお肌を目指しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ