スポンサーリンク

ついついやっていませんか!?シャンプーする時のNG習慣を見直してツルツル美髪を目指そう!♡

 

 

 

1日の疲れを癒す夜のお風呂タイム!女性にはかかせませんよね!

 

 

 

ですが毎日何となくやってるヘアケアが実は間違っていることも…。

 

 

 

シャンプーなどは毎日行う事なので頭皮に与える影響はとても大きいと言われています。今回はそんなシャンプーの〝正しい方法〝をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「髪を洗う」よりも「頭皮を洗う」を意識!

 

 

髪の成長には、頭皮を健康に保つ事が大切です。シャンプーは髪を洗う為のものと思いがちですが、シャンプーの重要な目的の1つが頭皮を洗う事!

 

 

 

シャンプー剤を付けて髪を洗う事の意味は何処にあるかといえば髪の毛そのものを洗う事ではなく、頭皮から分泌する皮脂や老廃物を洗い流す事に有るのです。

 

 

 

頭皮は皮脂分泌が多く、きちんと洗い流せていないと細菌や微生物が繁殖し匂いやかゆみ、フケの原因に。

 

 

 

正しいシャンプーの仕方を覚えると髪や頭皮の負担を軽減できます。

 

 

 

image

 

 

濡らして、すぐシャンプーはNG!

 

 

◎頭皮をお湯でしっかりと濡らして汚れを落とす事が大事なんです!

 

 

 

シャンプーする時、どのように洗い始めますか!?シャワーで髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけるのは間違いです。

 

 

 

シャンプーは髪ではなく頭皮を洗う為の物なので、最初に頭皮をお湯でしっかりと濡らしてあげる事が必要です。

 

 

 

実は髪表面についたヘアワックスやスプレーは丁寧に洗えばお湯だけでも十分に洗い流す事が出来ます。

 

 

 

この汚れをシャンプーの前にしっかりと落とす事で、シャンプーを付けた時の泡立ちが良くなり頭皮の汚れまでしっかりと落とす事が出来ます。

 

 

 

原液をそのまま髪に付けて泡立てるのはNG

 

 

シャンプーをつける際にはいきなり頭皮や髪につけるのではなく、手のひらで軽く泡立てた上で頭皮につけていきましょう。

 

 

 

シャンプーはお湯で泡立てた時にちょうど良い洗浄力になるように作られています。ですからそのままの原液を泡立てる前に付けてしまうのは頭皮にとって刺激になってしまう場合もあります。

 

 

 

シャンプーを髪で泡立てようとすると髪の毛同士が擦れてダメージになってしまったりしてしまいます。

 

 

 

熱いお湯で流すのはNG!

 

 

熱いお湯で洗った方が頭皮の汚れが落ちそうな気がして、熱いお湯で洗っている方も多いかと思いますが、これは逆効果なんです!!

 

 

 

頭皮に必要な皮脂までも落としてしまう事になるので頭皮が乾燥したりフケが出やすくなったりととらの原因になってしまいます。

 

 

 

あまりにも熱いお湯は控えた方がいいでしょう!

 

 

 

また温度が低すぎても十分に汚れを落とす事が出来ないので38〜40度が適温です。

 

 

 

image

 

 

ゴシゴシシャンプーはダメ!頭皮はマッサージしながら洗おう!

 

 

頭皮をゴシゴシ擦ると頭皮が傷ついてしまいそこから炎症を起こしたり抜け毛の原因になってしまうからです。

 

 

 

トリートメントは毛先を中心にに付けましょう!

 

 

リンスやコンディショナーなどの役割は、髪の表面に油分の膜で保護させる事によって水分の蒸発を防いだり髪のツヤを出したりします。

 

 

 

髪のダメージ、きしみなどは毛先に行くにつれて強くなっていきます。根元の髪の毛は痛んでいないので毛先中心につけましょう。

 

 

 

すすぎは、流し終わってからさらに3分間!

 

 

シャンプーの泡を流し終わった後でもまだ頭皮に残っている場合も…。

 

 

 

すすぎ残しなどがあると髪や頭皮にとってダメージだけではなくそれらの成分が残ってしまいニキビや肌トラブルなどにもなりかねません。

 

 

 

目安はシャンプーのゴシゴシタイムの倍はしっかり流してください。

 

 

 

ちょっとの習慣を見直すだけでツルツル美髪は手に入ります!貴方の習慣は間違っていませんか!?しっかりケアして髪美人を目指そう!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ