スポンサーリンク

春のストレスの原因って?憂うつな気持ちを明るくするポイント!

 

 

春はなんとなく気が重い、やる気がでないなんてことはありませんか? 新しい季節は、感情を上手にコントロールして明るい気持ちで迎えたいもの。今回は、“春ストレス”になる原因と、なったときの解消法を、ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

春ストレスの原因って?

 

 

IMG_8176

 

 

春ストレスの原因は大きく2つ考えられます。ひとつ目は気候です。春は気温が上がり、日が出ている時間が延びます。そのため、気候の変化によるストレスが、精神不安定な症状を引き起こすきっかけとなるのです。

 

 

 

2つ目は環境の変化です。3・4月は、人間関係や環境が変わる時期。新しい人との出会いや緊張でストレスを感じやすいタイミングでもあります。実は出世や結婚など、プラスの変化が起きても体にストレスはかかるもの。いいことばかりが起きているのに、なんとなく憂うつな気分になっている場合もあるかもしれません。

 

 

 

また、春ストレスを感じやすい人の特徴もあります。ストレスを発散することが苦手な人のほか、ストレスがかかっているのに自覚がない人、人の悪口を言わず溜めてしまう人など。つまり、自分の内面の気持ちをうまく表現できず、悩みを抱えてしまう人は、注意が必要です。

 

 

 

元気がない、疲れているといった気持ちの状態が続くと、うつ病や不眠症などの精神疾患などを引き起こします。食事をおいしく感じなくなりまったく食べなくなる、あるいはものすごく過食になり、体重が増加するなどの症状があるならば気を付けてください。

 

 

 

寝つけないことが何日も続く、または朝早い時間に起きてしまうなどの症状が見られたら、早めに医師の診断をうけましょう。

 

 

 

「春ストレスの深刻度」を、10個のチェックリストで確認しよう!

 

 

IMG_8196

 

 

あなたの春ストレスの深刻度をここで確認してみましょう。いくつ当てはまりましたか?

 

 

 

【チェック項目】

 

 

1.体がなんとなくだるい

 


2.ネガティブな思考になっている

 


3.やる気に満ちた人を見ると落ち込む

 


4.初対面の人と会うのがおっくうだ

 


5.朝に気分が悪くなる

 


6.食事の量が減り、体重が落ちている

 


7.ご飯をおいしいと感じない

 


8.寝つきが悪い

 


9.アラームをかけていないのに、早い時間に起きてしまう

 


10.夜中に目が覚めてしまう

 

 

 

結果

 

 

◆1~5に当てはまる:セルフケアを行うなどで、様子をみましょう。

 

 

 


◆6~8にひとつでも当てはまる:気分が重く、つらいと感じたら、精神科を受診し、相談してみましょう

 

 

 


◆9・10にひとつでも当てはまる:病気が潜んでいる可能性があります。すぐに精神科を受診しましょう。

 

 

 

“春ストレス”を解消する方法5つ

 

 

image

 

では、“春ストレス”に悩むあなたに、解消法をご紹介いたします。

 

 

 

1.ストレスの理由を書き出してみる

 

 

不安やストレスを感じたら、何が不安なのかをはっきり分析してみましょう。自分の思考のクセやゆがみに気が付くかもしれません。ストレスの理由を書き出したら、気兼ねのない友人に見てもらい、フィードバックをもらうのもよいでしょう。

 

 

 

2.自分なりのストレス発散方法を見つける

 

 

ストレスから逃げ続けても、いずれはうまくいかなくなります。逃げ続けている間もストレスは感じてしまうもの。ストレスと共生する方法を知っていることが大切です。友だちとカラオケに行く、愚痴をこぼし合う、あるいは人間関係を見直すことも視野に入れてみては。

 

 

 

3.「失敗してもいいや」と思う

 

 

失敗を恐れながら行動すると、ミニマムにしか動けなくなります。「なるようになる」「失敗してもいいや」というノリのよさで乗り切ろうとする心持ちも大切です。また、完璧主義の人は仕事などで早めに準備をしすぎて、いざ本番で不安になり失敗することも。自分の中で、準備をはじめるちょうどいいペースを掴みましょう。

 

 

 

4.予定を詰め込み過ぎない

 

 

新しい季節に「いろいろなことにチャレンジしてみよう」と意気込むのはとても素敵なことです。しかし、元気なときにたくさんの予定を入れると、消化のためにエネルギーを余計に使い、落ち込んでしまうことも。楽しい予定であっても詰め込みすぎず、一定のリズムを作ることが大切です。

 

 

 

5.スパイスの効いた料理を食べる

 

 

香辛料は漢方薬の成分に似ており、ストレスを避ける効果があるものもあります。気分が落ち込んだら、カレーなどを食べるとよいでしょう。また、ストレスと腸は親密な関係にあるので、腸を整えるためにヨーグルトを食べるのもオススメです。

 

 

 

今日からできることばかりなので、早速はじめてみてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ