スポンサーリンク

辛い花粉症の時期…しっかりとした花粉症対策をして乗り切ろう!NG習慣もご紹介!

だんだんと暖かくなり春が近づいてくるにつれ、花粉症でお悩みの方が増えてくると思います。

 

 

 

花粉症の症状を軽くするためには、治療とともに花粉が体に入ってこないようにする注意や工夫が大切です。

 

 

 

積極的に花粉症対策に取り組み、つらいシーズンを乗りきりましょう。

 

 

 

外出時の花粉症対策

 

 

 

IMG_4257

 

 

 

●花粉情報をチェック
テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手しましょう。

 

 

 

*花粉情報の要注意日*
1:天気が晴れまたは曇り
2:最高気温が高い
3:湿度が低い
4:やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき
5:前日が雨

 

 

 

以上から、前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となります。

 

 

 

外出を控えめに

 

 

 

花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃)の外出もなるべく控えましょう。

 

 

 

外出時は完全防備

 

 

 

帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。
コートもツルツルした素材を選びましょう。

 

 

 

帰宅時は玄関でシャットアウト

 

 

 

衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。

 

 

 

なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。

 

 

 

帰宅後は洗顔やうがいを

 

 

 

体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。

 

 

 

毎日の習慣として心がけましょう。

 

 

 

次に家の中での花粉症対策をご紹介します。

 

 

 

ドア・窓を閉める

 

 

 

花粉の飛散が多いときは、きちんとドアや窓を閉めて、花粉の侵入を防ぐことが大切です。

 

 

 

掃除はこまめに

 

 

 

防いでいるつもりでも、室内にはかなり花粉が侵入しているので掃除をこまめに行いましょう。

 

 

 

床がフローリングであれば毎日拭き掃除を行うと効果的です。

 

 

 

また、きれいな室内はダニアレルギー対策にもなります。

 

 

 

次に就寝時の花粉症対策をご紹介します。

 

 

 

布団を外に干さない

 

 

 

外に布団を干してしまうと花粉がついてしまうので、布団乾燥機などを活用しましょう。

 

 

 

また、どうしても干したいときは、花粉の飛散量が少ない午前中に。

 

 

 

取り入れる際には花粉をはたいて、さらに布団の表面を掃除機で吸うと効果的です。

 

 

 

枕元の花粉を拭き取る

 

 

 

床の上はもちろん、ベッドにも花粉はたまっています。

 

 

 

寝ているときに花粉を吸い込まないように、枕まわりの約1mぐらいを水で少し湿らせたティッシュやタオルで拭き取りましょう。

 

 

 

お風呂・シャワーで花粉を流す

 

 

 

お風呂やシャワーは朝に入るという人もいますが、花粉の時期は寝る前に花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにしましょう。

 

 

 

空気清浄機を活用

 

 

 

空気清浄機を使いながら寝るのもぐっすり睡眠をとるためのポイント。

 

 

 

また、風邪の予防にも役立ちます。

 

 

 

このように自分で手軽に気をつける事で症状が楽になる場合もあります。

 

 

 

外出時や家の中でこれらのことを気をつけましょう。

 

 

 

また、しっかり気をつけて対策しているつもりなのに症状が改善しない、悪化している気がするという方は、間違った対策やNG習慣を送っているかもしれません。

 

 

 

そんなことがないように、花粉症を悪化させてしまうNG習慣をご紹介します。

 

 

 

花粉症を悪化させるNG習慣

 

 

 

IMG_4258

 

 

 

マスクやメガネで毎日しっかり花粉対策しているのに、どんどん症状がつらくなっている気が…。

 

 

 

少しでも楽になるために、NG習慣を学んで改善していきましょう。

 

 

 

睡眠不足にならないように、規則正しい生活を!

 

 

 

夜ふかしの習慣がついてしまって、睡眠不足になっていませんか?

 

 

 

睡眠が足りてないと免疫やホルモンのバランスを崩しやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあります。

 

 

 

規則正しい生活リズムをつくるのはもちろんですが、花粉症の症状が出はじめると寝つきも悪くなるので、寝る前に身の回りの花粉除去や寝つきやすい環境づくりも大切です。

 

 

 

ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵!

 

 

 

ストレスは自律神経を狂わせたり、免疫のバランスを崩すと言われています。

 

 

 

免疫のバランスが崩れると、ちょっとの花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。

 

 

 

そのせいで花粉症が悪化すれば、さらにそのストレスも溜まってしまい悪循環に…。

 

 

 

日頃から、趣味やスポーツでストレスを発散するよう心がけましょう。

 

 

 

体が疲れていると思ったら、無理せず休養をとってください。

 

 

 

アルコールの飲みすぎは、症状の悪化に!

 

 

 

日々のストレスを発散するのにお酒を飲む方も多いのでは?

 

 

 

でも、お酒は血管を拡張させてしまい、鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしまいます。

 

 

 

さらに、おつまみとして食べるものには高タンパク、高脂質のものが多く、食べ過ぎると免疫力を低下させ、花粉症によくないと言われています。

 

 

 

春は、お酒を飲む機会が増えるシーズンですが、飲み過ぎないように注意しましょう。

 

 

 

喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!

 

 

 

タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。

 

 

 

喫煙者は自身のタバコの煙が悪影響を及ぼしますが、タバコを吸わない人も喫煙者の煙によって刺激を受けてしまいます。

 

 

 

また、排気ガスなども刺激の原因になりますので、部屋では空気清浄機を使って空気をキレイにしたり、外出時はマスクなどをきちんと着用するようにしましょう。

 

 

 

早朝ランニングやジムなどで、適度な運動を!

 

 

 

花粉症シーズンは外出を敬遠してしまい、気がつけば運動不足に。

 

 

 

そういう方も多いかと思いますが、運動不足により体力が低下すると免疫のバランスが崩れることにつながる可能性もあり、結果的に花粉症が悪化してしまうことも懸念されます。

 

 

 

花粉の飛散の少ない午前中にランニングやウォーキングをしてみたり、またはジムやプールなどの屋内での運動を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

帰宅したら部屋着に着替える習慣を!

 

 

 

帰宅したら、外出中に服に付いた花粉を叩いてから室内に入るようにしましょう。

 

 

 

それでも、すべての花粉は落とし切れないので室内に入ったら着替えるのがベストです。

 

 

 

どんなに注意を払っても室内に花粉を持ち込んでしまうので、こまめに部屋の掃除を行うのもとても重要です。

 

 

 

花粉症のつらい症状は放置せず、病院へ!

 

 

 

花粉症の症状が出はじめても、がまんして花粉シーズンが終わるのを待っていませんか。

 

 

 

放っておいても花粉の飛散量とともに症状が悪化するだけです。

 

 

 

きちんと病院に行って自分に合った治療を受けましょう。

 

 

 

また、花粉の飛散開始前の症状が軽いうちから治療開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきれるのでオススメです。

 

 

 

しっかりとした花粉症対策をして、NG習慣をしないように気をつけて辛い花粉症の時期を乗り越えましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ