スポンサーリンク

スマホで老け顔に?!スマホ依存症は美容の大敵!

 

 

6時間以上。この数字何だと思いますか?女子高生がスマホを見ている一日の平均時間だそうです。ほぼ睡眠時間の全てをスマホに使っているという計算になりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

あなたもスマホヘビーユーザーになっていませんか?

 

 

IMG_8176

 

 

男性よりも女性のほうがスマホのヘビーユーザーです。大人の女性の方でもかなりの時間スマホを見て過ごしていませんか。仕事でもパソコン画面を見る時間も多く、そしてプライベートはスマホ。

 

 

 

ほぼ一日の大半が画面を見ていることになります。そして女性は特に、夜寝る前のスマホ利用を止めることをおすすめしたいのです。

 

 

 

それが楽しみになっている方もいらっしゃるでしょう。しかしその習慣の積み重ねがブスを作る元になっているとしたら、どうでしょうか。やめることを真剣に考えますよね。その理由を詳しく説明していきます。

 

 

 

ストレスの原因に

 

 

スマホの使い方は様々です。多いのがラインやフェイスブックなどのSNSの利用ではないでしょうか。離れている友人たちとも連絡が取れるのでとても便利なツールですよね。

 

 

 

しかし使い方によっては大きなストレスの原因になります。自分が投稿した近況やメッセージに対して返信が来ない時、多くの人は不安やイライラが募ります。それだけで自分が周りからよく思われていないのではないかなどよからぬ想像ばかりしてしまうのです。

 

 

 

ストレスは美肌の大敵ですよね。

 

 

 

これから睡眠よりお肌が修復されるという大切な時間に、余計なストレスを抱えると肌に悪影響が出てきます。

 

 

 

ドライアイなどの目元のトラブル

 

 

シワの原因とも言われているドライアイ。最近、目が乾燥しやすいなんてことありませんか?

 

 

 

スマホの画面に集中しすぎて瞬きの回数が減ると、涙が蒸発して乾燥したり、ついつい目を擦りがちになってしまうので、眼球にも目の周りの皮膚にも良くありません。

 

 

 

瞬きの回数が減ると目の周りの筋肉が衰え、目元の老化にもつながります。

 

 

 

うつむきスマホでほうれい線の原因に

 

 

調べ物をしたりアプリを使ったり、気づいたら長時間スマホを使ってるなんてことありますよね。便利なスマホですが、使っているときのうつむいた姿勢が”ほうれい線”などの”たるみ”の原因になっているんです。

 

 

 

年齢が上がるにつれて、肌はハリや弾力を失っていきます。スマホを見るために下ばかり向いていると、口元に皮膚が集まった状態がキープされてしまうので、この状態が長時間続くことで、顔がたるんで老け顔に近づいてしまいます。

 

 

 

睡眠不足に注意

 

 

IMG_8174

 

 

スマホから発信されているブルーライト。これが人体に悪影響を及ぼします。睡眠はホルモンによってコントロールされています。

 

 

 

メラトニンという名前、聞いたことがありますよね。ブルーライトはその働きを邪魔してしまうのです。

 

 

 

本来は深い眠りに陥るために、分泌されているメラトニンを止めてしまいます。その結果なかなか眠れなくなってしまうのです。

 

 

 

お肌にとって睡眠がどれだけ大切なのかということは女性なら誰でも知っているはずです。夜10時から深夜2時の間には成長ホルモンが活発に分泌される時間帯です。その時間に眠ると疲れた肌の修復と再生を促してくれるのです。

 

 

 

しかもそれには条件があります。深い眠りについていることです。眠りが浅ければ成長ホルモンが十分に分泌されないのです。

 

 

 

スマホにより睡眠不足に陥ってしまうとお肌も休めることができないのです。寝不足が原因で肌にトラブルが見られるようになり、改善にも時間がかかるようになります。

 

 

 

ホルモンバランスがくずれる

 

 

寝不足が原因でさらなる悪影響が引き起こされます。ホルモンバランスが乱れます。女性は男性よりもその影響を強く受けるのです。

 

 

 

それが乱れることにより、吹き出物ができやすくなる、生理が狂う、生理痛がひどくなるなど女性ならではの悩みが増えるようになります。

 

 

 

将来的には不妊の原因を作ることになってしまうかもしれませんよ。

 

 

 

スマホが身体に与える影響、思った以上に深刻です。これが習慣づいている女性は今すぐにでもそれを止めるべきです。

 

 

 

スマホをやめるには?

 

 

IMG_8176

 

 

だからといって今まで習慣だったことを止めるのは簡単ではありません。禁煙でもそうですが、禁断症状が出るのは最初のうちだけです。それを乗り越えることができればそれほど辛くはないはずです。今日からでもすぐに止める努力を始めましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ