スポンサーリンク

骨盤のゆがみで起きる様々なデメリット

 

 

 

骨盤がゆがむと体に様々な悪影響が起きる原因になってしまうことをご存知ですか?

 

 

 

骨盤がずれてしまうことで体のバランスが崩れ、ダイエットだけでなく体調にも影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

骨盤がゆがむとこんなデメリットがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

骨盤がゆがむことによるデメリット

 

 

image

 

 

 

■足への血液やリンパ液の循環が悪くなりむくみやすくなる
■新陳代謝の低下、冷え
■肩こり・腰痛・頭痛・めまい
■神経痛・関節痛
■生理痛・不妊
■筋力の低下
■ぽっこりお腹の原因に
■顔が下がる、ゆがむ

 

 

 

などがあります。

 

 

 

骨盤がゆがむのは普段の習慣が原因かもしれません!

 

 

 

▼カバンを片方の肩にばかりかける
▼片足に重心を傾けるクセがある
▼デスクワークで長く椅子に座る
▼床に座るときにあぐらをかく
▼横向きに寝る

 

 

 

などという動作もゆがみの原因になってしまいます。

 

 

 

日常生活でついやってしまいがちなこの行動が、ゆがみの原因に…

 

 

 

そこで、骨盤がゆがまない為の対策をご紹介します!

 

 

 

日常的にウォーキングする

 

 

 

image

 

 

 

正しい姿勢でウォーキングをすることで骨盤の歪みを予防できます。

 

 

 

これは、ウォーキングをすることで、骨盤を支える腰回りの筋肉が鍛えられるためです。

 

 

 

背筋をピンと伸ばし、普段よりも大きめの歩幅で歩いてください。

 

 

 

この時、手には荷物を持たないようにします。

 

 

 

荷物を持っていると、その重さによって真っ直ぐな姿勢が保てなくなるためです。

 

 

 

日常的にウォーキングをすることで、骨盤が歪みにくい身体にになります。

 

 

 

腹筋を鍛える

 

 

 

image

 

 

 

骨盤は腹筋によって支えられているため、腹筋を鍛えることも大切です。

 

 

 

ここでは、運動が苦手な方でも簡単にできる腹筋の鍛え方を紹介します。

 

 

 

床に座って膝を立てます。
両手で膝小僧を押さえ、ゆっくり体を後ろへ倒します。
腹筋に力が入ったと感じたところで、息を吐きながら10秒間キープします。
10秒経ったら元の姿勢に戻ります。
 

これを10回繰り返してください。

 

 

 

正しい姿勢をキープする

 

 

骨盤の歪みを予防するためには、正しい姿勢をキープすることでも重要です。

 

 

 

とくに、普段から左右のどちらかに重心が偏っているという方は重心を真ん中でキープするように注意してください。

 

 

 

肛門から頭のてっぺんまでが一本の線でつながれているような意識を持ち、普段から背筋を真っ直ぐに伸ばすようにしましょう。

 

 

 

これらを踏まえて骨盤のゆがみを防ぎ、健康的な体を作りましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ