スポンサーリンク

しっかり選んで美肌を目指そう♡貴方にぴったりな洗顔選び♡

 

 

 

美肌作りに欠かせないアイテムが洗顔料。

 

 

 

沢山種類がありすぎて、ついついこれでいいや…なんて適当に選んでしまっていませんか?

 

 

 

実はそこが落とし穴!適当に使ってしまっていては、知らないうちにかえってお悩みを増やしてしまう原因になっている可能性も。

 

 

 

今回は、肌のタイプやお悩みに合わせた洗顔料選びをご紹介いたします。

 

 

 

自分の肌タイプをしっかり理解して、つやつや美肌を手に入れましょう!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

何を使ったらいいんだろう…。

 

 

ドラッグストアや専門店に沢山並ぶ洗顔料。

 

 

 

いったいなにが正解なのかわからなくなってしまいますよね?高いから1番いい。何てことは決してないんです。

 

 

 

乾燥肌、脂性肌、混合肌、様々なお悩みがありますがそれぞれに合った選び方をお伝えします。

 

 

 

image

 

乾燥肌タイプ

 

 

乾燥肌とは、皮脂が少ない事で肌に含まれる水分量が少なくなっている状態です。

 

 

 

この状態の皮膚は表面の水分が少ない為に肌のバリア機能が弱くもろくなっています。

 

 

 

そこで気を付けたいのはビーリング効果のある洗顔料や合成界面活性剤が使用されているもの。

 

 

 

刺激の強い物は乾燥肌のもろいお肌には不向きです。肌トラブルを招いてしまう危険性があるので要注意です!

 

 

 

乾燥肌は、皮脂の表面の潤いがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。

 

 

 

おすすめはこちら♡

 

・植物性や無添加の石鹸タイプ
・乾燥性敏感肌用の泡洗顔
・低刺激タイプの洗顔 (無着色、無香料、ノンアルコール)

 

 

 

脂性肌タイプ

 

 

脂性肌とはその名の通り皮脂の分泌が過剰になっているお肌の状態です。

 

 

 

そんな脂性肌タイプの貴方!テカリを抑える為にゴシゴしこすり洗いをしていませんか!?

 

 

 

実はそれが逆効果。ある程度の皮脂はお肌を保護する為に必要なので落としすぎはNG!

 

 

 

そこでおすすめなのが固形石鹸。固形石鹸は油脂を含んでいないので脂性肌の方には相性の良い物になります。

 

 

 

スキンケアの注意点

 

・皮脂を取り過ぎない
・優しく洗顔する
・しっかり保湿する

 

 

 

image

 

混合肌タイプ

 

 

混合肌は、部分的に乾燥していたり、ノーマルだったり、脂性肌タイプだったりします。

 

 

 

実は混合肌は普通肌に続いて肌トラブルの少ない肌タイプなのですが、だからと言って油断は厳禁です。

 

 

 

混合肌の場合は、さっぱりタイプよりもしっとりタイプの洗顔料を選びましょう。

 

 

 

混合肌のお悩みで多いTゾーンのテカリや、黒ずみ。基本的にTゾーンは皮脂の分泌が多い部分なので皮脂の毛穴ずまりに気をつけた洗顔、そして油分の補給は控えた保湿を行うことが大切です。

 

 

 

以上の事に気をつけて自分に合った洗顔選びを心がけましょう!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ