スポンサーリンク

今話題沸騰中♡気になる高カカオチョコレートの効果効能とは?

 

 

もうすぐバレンタイン♡ちょっと一息つきたいときにチョコレートを食べると、ホッとしますよね。気分のリフレッシュ以外にも健康効果に注目されているチョコレート。中でも『高カカオチョコレート』の効果がスゴイと話題になってます。動脈硬化の予防や美容にも良いと言われますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

高カカオチョコレートの効果効能

 

 

IMG_7856

 

 

 

ではさっそく、高カカオチョコレートの効果と効能をご紹介します!

 

 

 

 

高カカオチョコレートの効果と効能

 

 

IMG_7857

 

 

 

 

美肌効果

 

カカオポリフェノールには抗酸化作用があります。体内の活性酸素を除去し、シミやしわなど肌の老化を抑制します。また紫外線による肌のダメージを修復する働きもあります。

 

 

 

 

動脈硬化の予防

 

 

動脈硬化の原因は活性酸素によるコレステロールの酸化です。カカオチョコレートの抗酸化力がこの酸化を抑制します。

 

 

 

 

血圧の低下

 

血圧の上昇は血管が細くなってしまうことが原因です。カカオポリフェノールは血管を広げて血圧を下げる効果があります。

 

 

 

 

疲労回復効果

 

テオブロミンはカカオ豆に含まれている苦味成分のもとです。苦味成分が血行を良くし、自律神経を調節して疲労回復を促します。

 

 

 

 

ストレスの予防・緩和

 


カカオポリフェノールが血中のストレスホルモン分泌を抑えます。日常的にチョコレートを食べることで抗ストレス効果が期待できます。

 

 

 

 

便秘の改善

 

カカオに含まれる食物繊維は不溶性でリグニンと呼ばれます。食物繊維は腸内に溜まった老廃物を排出して腸内環境を整えてくれます。他にもコレステロール値を下げ、肥満や生活習慣病の予防にも期待できます。

 

 

 

 

アレルギーの改善

 

カカオポリフェノールが活性酸素を生み出す因子の働きを抑制します。

 

 

 

高カカオチョコレートと普通のチョコレート

 

 

 

IMG_7860

 

 

 

もちろんチョコレートにもビタミン類やカリウム、カルシウムなど含んでいます。しかし、普通のチョコレートよりも効果が期待できるのは高カカオチョコレートなのです。

 

 

 

一般的にはカカオ70%以上が『高カカオ』と言われていますが、実は「カカオが何%含まれているから高カカオ」というわけではありません。

 

 

 

なんと、高カカオの定義ははっきり決まっていないとか。ですので、メーカーによってはカカオ60%以上で高カカオと宣伝するところもあります。

 

 

 

効果に期待したいなら、カカオ含有量が多いチョコレートを召し上がってください♡

 

 

 

では続けて、1日どのぐらいの高カカオチョコレートを食べたらいいのか?目安となる摂取量をご紹介します。

 

 

 

高カカオチョコレートの摂取量は?

 

 

IMG_7859

 

 

高カカオチョコレートは1日25gの目安で食べる

 

 

これが一つの目安となります。いくら効果がスゴイと知っていても食べ過ぎてしまっては体の毒です。ではなぜ、高カカオチョコレートは1日25gの目安なのか?それはポリフェノールを基準を目安に考えているからです!

 

 

 

ポリフェノールの摂取目安を基準に調べてみると・・・ポリフェノールの理想的な摂取量は1日約1500mgということが分かりました!

 

 

 

ポリフェノールはカカオだけではなく様々な食品に含まれています。コーヒー、緑茶、赤ワイン、りんご、そしてチョコレートなどです。りんご100gだけでも220mgと、ポリフェノールが豊富に含まれています。


 

 

 

そしてコーヒーと緑茶。これは日常的に多くの人が飲みますよね。私たちは飲み物や食べ物からもポリフェノールを摂取してるのです。

 

 

 

日常的な食べ物や飲み物を合わせると、チョコレートは25gが目安!

 

 

 


という訳なんです!もちろん食べる高カカオチョコレートのメーカーによってはポリフェノール含有量も異なりますので、商品の内容表示など見ながら摂取量を調整してくださいね♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 q

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ