スポンサーリンク

髪だけじゃない!頭皮にも優しいシャンプー選び♡

 

 

髪や頭皮に良いシャンプーとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

IMG_4166

 

 

 

成分的にはアミノ酸系、ベタイン系など両性界面活性剤をつかったシャンプーがおすすめです。

 

 

 


例えば、ココイル加水分解コラーゲンKなど、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○といったものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

アミノ酸シャンプー

 

 

アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。

 

 

 


お肌と同じ弱酸性なので、顔が洗えるほど低刺激で頭皮にも優しく、髪や頭皮のうるおいを奪いません。

 

 

 


またカラーの持ちがよいというのも嬉しい特徴です。
ただ強い洗浄成分が入っていないので、初めて使う場合には泡立ちが悪いと感じるようです。

 

 

 

ノンシリコンシャンプー

 

 

シリコンとは、化学反応によって作られる完全人工物のことです。

 

 

 


スキンケアやヘアケアに広く使われていて、キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、手触り良く艶を出すなどの効果があります。

 

 

 


しかし髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。

 

 

 


そのため、この成分に頼ったヘアケアを続けていると、髪の傷みを進行させてしまうことにもなります。

 

 

 

このシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで、髪は本来の健康を取り戻します。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーと謳っていて、確かにシャンプーにはシリコン剤が入っていないけれど、安価なラウリル系の合成界面活性剤が多く含まれ、コンディショナーやトリートメントにシリコンが上位表示されているものも多くあります。

 

 

 


値段が高いだけで普通のシャンプーと変わりませんのでご注意下さい。

 

 

 

石鹸シャンプー

 

 

石鹸シャンプーは、合成界面活性剤が入っていない石鹸成分だけでできているシャンプーです。

 

 

 


もちろん石鹸シャンプーにも界面活性剤は入っていますが、合成シャンプーの合成界面活性剤とは大きく違うものです。

 

 

 


合成界面活性剤は非常に脱脂力が強いので、肌トラブルに原因になることはご存知でしょう。

 

 

 


界面活性剤も確かに洗浄力が非常に高く合成洗剤にも負けませんが、ある濃度以上に薄くなると急に洗浄力が無くなり、界面活性作用を失う特徴があるのです。

 

 

 


なので石鹸シャンプーは髪や地肌環境を損なわずに、髪自身がもつ自然治癒力で髪も健康になるのです。

 

 

 

ただ髪の汚れを落とすだけなので、洗い上がりの手触りが悪く、髪がきしんだようにも感じます。

 

 

 


しかしシャンプーとは本来、髪の汚れを落とすものであり、うるおいや手触りはコンディショナーで補充すればいいのです。

 

 

 

このようにシャンプーにも沢山種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

 

 

 

これらをふまえて自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ