スポンサーリンク

癒しの香りアロマオイルで心も体も健康に!♡

 

 

最近ため息や、疲れた…。が口癖になっていませんか?特に何があるわけじゃないのに毎日仕事や家事や育児にと時間に追われ、忙しい日々を過ごしているなら、ぜひアロマオイルでリフレッシュしてみませんか?

 

 

 

『アロマオイル』って聞いたことはあるけど実際使い方が良く分からないとか、色々準備が大変そうとか思っている方にアロマオイルの基本を簡単に紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

そもそもアロマオイルってなに?

 

 

img_7717

 

 

アロマオイルと一言にいってもその種類は数百もあります。色々なタイプの商品がアロマオイルと呼ばれている場合もありますが、ここではアロマテラピーに使用できるエッセンシャルオイル(精油)のことをアロマオイルとします。

 

 

 

では、そのアロマオイルとはどのようなものでしょうか?

 

 

 

簡単に言うと、100%植物由来の香料です。植物には花、葉っぱはもちろん茎や皮や根に至るまでありとあらゆるところに香り成分が凝縮されていて、それを抽出したものがアロマオイルとなります。

 

 

 

アロマオイルの種類とその効能

 

 

100%植物由来、何か良さげだなと思って買ってみようと思っても数百もあると果たしてどれが自分に合うのか探すのがちょっと大変そうですよね。
そこで、どんなアロマオイルがあるのか代表的なものをピックアップしてご紹介します。

 

 

 

ローズマリー 
・スーッとする強いハーブ系 
気分をすっきりさせてくれるので勉強など何かに集中したいときにおすすめ。眠気覚ましにも。

 

 

 

ゼラニウム
・バラのようなフローラル系
ホルモン分泌量を調整するので生理不順や更年期障害に効果あり。利尿効果で老廃物を出しデトックス効果も。落ち込みそうな気持ちを前向きに。

 

 

 

ラベンダー
・ふんわり甘いフローラル系
自律神経のバランス整える作用あり。安眠を促す。痛みを和らげる鎮痛作用もあり、頭痛や生理痛のときにおすすめ。

 

 

 

ローズウッド
・バラっぽくスパイシーな樹木系
活性と鎮静2つの効果がありリフレッシュ&リラックスしたいときにおすすめ。免疫力を高める効果あり。風邪予防。

 

 

 

とっても簡単!初心者でもできるアロマオイルの使い方

 

 

img_7695

 

 

ほんの一握り挙げてみましたが、「あっ、これ良いかも」って思ったアロマオイルはありましたか?

 

 

 

お気に入りを見つけたら、次はどのように使えば良いのか?ですよね。アロマ初心者におすすめの簡単な使用方法をご紹介します。まずは一番簡単に始められるのが芳香浴です。

 

 

 

芳香浴とはオイルの香りを空気中に拡散させそれを吸い込むことです。アロマを嗅ぐには何かしらのグッズが必要と思っている人も多いかもしれませんが、特別な何かがなくても簡単に始められます。

 

 

 

ティッシュに含ませる

 

 

誰の家にも必ずあるティッシュに1~2滴落とす。ただそれだけです。家にいる時は机の上に置いておくと良いですね。枕元に忍ばせておいてお気に入りの香りに包まれて眠りにつくなんて、すごくリラックスできそうですね。

 

 

 

外出する時はカバンや化粧ポーチの中に入れておくと、ふとした瞬間に自分のお気に入りの香りが漂ってきて気分が良くなります。

 

 

 

温めたりしていないので香りの広がりを感じられにくいときは、ティッシュを直接嗅いでみるのもおすすめです。

 

 

 

深呼吸とともに思いっきり好きな香りを吸い込むと心身ともにリラックスできること間違いなしです。ティッシュだと匂いが消えてしまった後はすぐに捨ててしまえるところも良いですよね。

 

 

 

ハンカチやタオルでもOKですが、その場合使うアロマオイルによってはシミになってしまう場合があるので、注意しましょう。

 

 

 

お湯の中に数滴落とす

 

 

こちらも特別に用意しなくても家にあるもので大丈夫です。お湯を入れて、1~2滴のアロマオイルを落とす。ただそれだけです。

 

 

 

自分のお気に入りの香りがついた蒸気を思いっきり吸うときっと一瞬にして幸せな気持ちになれそうですよね。

 

 

 

お湯の温度は沸騰したものよりは低めの75度前後がおすすめです。

 

 

 

お湯が冷めてきたら香りが広がらなくなってきますので、その都度お湯を足していきましょう。

 

 

 

ストレス社会で乱れがちな自律神経も整える!

 

 

image

 

 

 

自律神経はちょっとしたストレスや不規則な生活、偏った食生活などですぐ乱れてしまいます。自律神経が乱れると不眠、めまい、肩こり、頭痛、耳鳴りなど様々な症状が出てきてしまいます。

 

 

 

自律神経には交感神経(動)と副交感神経(静)がありこの2つがバランスよく働くことで調子の良し悪しに影響するのです。

 

 

 

ストレス社会と言われている現代では、交感神経の働きが活発になりがちで、バランスが偏ってしまい、調子が悪くなってしまいます。

 

 

 

そこで、アロマの出番という訳です。アロマを使って副交感神経の働きを活発にしバランスを整えることで様々な症状が緩和されていきます。

 

 

 

いちばん大切なのは自分の好きな香りを選ぶこと

 

 

image

 

 

 

匂いの感覚というのは人それぞれです。効能で選ぶというのも大切ですが、アロマオイル選びで一番大切なのは好きな匂いを選ぶ!ということです。

 

 

 

人間というのは不思議なものでその日の体調や気分によって好きな匂いも変わってきます。そんな場合に備えて何種類か自分のお気に入りの香りを揃えておくといいかもしれませんね。

 

 

 

難しいことは考えず自分の嗅覚の従ってお気に入りの香りを見つけて、「はぁ~、疲れた」と言う毎日に癒しの1滴を是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ