スポンサーリンク

みんなちゃんと気にしてる!?気をつけたいシャンプー成分のアレコレ♡

 

 

普段のシャンプーはどのようなものをお使いですか?

 

 

 

沢山種類があってどのようなものを選んだらいいかわからない…という方もいらっしゃると思います。

 

 

 

今日はシャンプーを選ぶ際に気をつけたい成分についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

シャンプーの成分

 

 

image

 

 

 

シャンプーは様々な原料を組み合わせて作られていて、それらが「成分」と呼ばれるものです。

 

 

 


現在は薬事法により、使っている成分の全表示が義務づけられていますので、シャンプーを買う時には必ずチェックしましょう。

 

 

 

成分表示について

 

 

成分表示は、含まれている量の多い順に表示されています。

 

 

 


シャンプーは基本的に水分が一番多く含まれるので、洗浄成分である界面活性剤は、たいてい水の次に表示されています。

 

 

 


そしてシャンプーの良し悪しは、この界面活性剤が左右するのです。

 

 

 


シャンプーには複数の界面活性剤が使われていますので、より多く含まれるものをチェックしましょう。

 

 

 

避けたい成分

 

 

* ラウリル硫酸Na
* ラウリル硫酸カリウム
* ラウレス硫酸Na
* ラウレス硫酸TEA

 

 

 

上記の成分は、それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで旧表示指定成分です。

 

 

 


旧表示指定成分とは、 旧厚生省が定めたアレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分のことです。

 

 

 

洗浄力が強く、必要な油分までとってしまい、乾燥や髪のきしみの原因となってしまいます。

 

 

 

まず「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避ければ、かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができます。

 

 

 


そしてラウレス系成分(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA)が成分表示の上のほうにあるものも避けたほうが無難です。

 

 

 

安価で大量生産に向いていることから、テレビCMをやってるような有名なシャンプーにはこれらの成分が配合されている場合が多いです。

 

 

 

このような刺激の強いシャンプーを避けて、頭皮に優しいシャンプーを使うことで頭皮が健やかになり、美しい髪へ導いてくれます。

 

 

 

シャンプーは毎日使うものなので、成分に注目して選んでみてはいかがでしょうか!?♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ