スポンサーリンク

お顔のタイプ別の小顔にみえるチークの入れ方!♡

 

 

ハイライトとシェーディングと同じくチークも顔にメリハリをつけてくれる、メイクの中でも大事なところです。
 
 

 

 

適当な入れ方をしたり、間違った入れ方をすると小顔になるどころか、顔が長く見えたり、逆効果になります。

 

 

 
 
顔に合った正しい方法で入れることができれば顔が立体的に、小顔へと変身!
 
 

 

 

またポッと血色良く自然に入れられれば、魅力的にも見えます。

 

 

 

自分の顔にあった、正しいチークの入れ方をマスターして、今すぐ毎日のメイクに取り入れていきましょう!
 
 

 

 

スポンサーリンク

 

顔型別に小顔になるチークの入れ方をマスターしよう!

 

 

 

IMG_4148

 

 

 
 
チークは顔型別に効果的に小顔に見せる入れ方がありますので、ご紹介します。

 

 

 

〇卵型の方

頬骨の笑った時に一番高くなるところから
こめかみに向けて楕円形に入れます。

 

 

 

〇面長の方

縦幅を小さくしたいので、頬の上のほうにつけると逆効果。

頬骨の少し下に、楕円形に入れる。

顔の外側に入れてしまうと顔が大きく、長く見えてしまうので、チークの入れ始めは黒目の下くらい内側のほうがいいです。

 

 

 

〇丸顔の方

シャープに見せるために頬骨の一番高いところの、黒目の外側ぐらいからこめかみへ斜めに入れますが、あまり幅広く入れないようにします。

内側に入れすぎると丸みが強調され逆効果。

 

 

 

〇逆三角形の方

顎から視線を外すために、笑った時に一番高くなる頬の少しだけ下を中心に大きめの円で入れます。顔になじむようにいれてください。ただ、あまり低くところまで入れすぎると顎が強調されてしまいますので注意してください。

 

 

 

〇ベース型

エラを目立たなくするために顔の外側にチークをのせる。頬骨よりもちょっと下側から耳のほうに向かって楕円形に斜めにいれる。目じりの位置ぐらい外側から入れ始めるといいです。

 

 

 

また、シェーディングやハイライトも一緒に入れると立体的になり、小顔効果は抜群です!

 

 

 

自分の顔に合ったチークの入れ方をマスターして小顔をゲットしましょう♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ