スポンサーリンク

腫れぼったい目元はもう嫌!気になる「まぶたのむくみ」原因と解消法!

 

 

 

まぶたが浮腫んでいるだけで顔の印象がいつもとなんだか違う…。

 

 

 

前の日水分を取りすぎたり、強くこすってしまったり。次の日朝起きてビックリ…なんて経験ありませんか!?

 

 

 

それだけお肌はデリケートなんです!マッサージしたり冷やしたりなどの対処法が一般的ですが、まずは浮腫みを引き起こしてしまう原因を知ることが大切なんです!

 

 

 

そこで今回はまぶたの浮腫みを引き起こす原因と、対処法についてお伝えします!

 

 

 

スポンサーリンク

 

目元、まぶたは浮腫みが出やすく要注意!

 

 

浮腫みは全身に起こりますが、特にお顔や目元は浮腫みが出やすい部分なんです。

 

 

 

目の周りの皮膚は非常に薄くより強く浮腫みが出る箇所になります。

 

 

 

まぶたの浮腫みが起きたら、まずは代謝や塩分などを疑いましょう。

 

 

 

原因① 塩分の取りすぎ

 

 

塩分の取りすぎは浮腫みを引き起こす主な原因の一つです。

 

 

 

ラーメンやスナック菓子など塩分を多く含む食生活を続けている人は、まぶたが浮腫みやすいので要注意!

 

 

 

水分の取りすぎやお酒の飲み過ぎとも良く言われますが、一緒に摂取している塩分が多い食事の影響も大きいです。

 

 

 

image

 

 

原因② まぶたをこすっている

 

 

泣いたら翌日まぶたが腫れると言われていますが、主な原因は泣いたことではなく目をこすってしまうことなのです。

 

 

 

泣いたりしてもめをゴシゴシこすってはいけません!こする癖のある方も注意が必要です!

 

 

 

こすってしまうことによってまぶたの皮膚の下の毛細血管が傷つけられ組織液が滲み出てきて溜まり、はれてしまうのです。

 

 

 

原因③メイク落としが不十分

 

 

メイクを落とさずに寝たりするのは絶対NG!またメイク落としが不十分でアイメイクが残ってしまっている場合も気をつけて!

 

 

 

汚れた手などで触ってしまうことも腫れだけではなく炎症を引き起こしてしまう原因になってしまうので、しっかりと手洗いやクレンジングを行い、メイクはなるべく早めに落とすことをオススメします。

 

 

 

原因④ 枕が低い

 

 

枕が低いこともお顔が浮腫む原因です!緩やかな傾斜をつけるなどして工夫してみるのもオススメです。

 

 

 

ですがぐっすり眠ることが大切なので無理な体勢にならないように気をつけてくださいね!

 

 

 

まぶたが腫れていたけど昼から少し引いてきたという方に意外と多いのがいつもより枕が低かっただけ…なんて事もあるので気をつけてくださいね!

 

 

 

明日は大事な日。という方は寝るときに頭側を少し高くする事で顔に溜まってしまう水分の流れをある程度防ぐ事が出来ます。

 

 

image

 

原因⑤ 生理前〜生理中

 

 

女性の場合、生理の1週間前〜生理半ばまではむくみやすい体になっています。

 

 

 

女性は周期的に変化する女性ホルモンの作用により月経1週間前ぐらいから月経中の時期は、血管が拡張し、尿量が減り、普段よりも水分を身体に溜め込もうとするのでどうしても普段よりもむくみやすくなってしまいます。

 

 

 

まぶたのむくみ解消には温冷刺激が効果的

 

 

むくみの解消で一般的に知られているのが目元を冷やすこと。もちろん効果はありますが「温冷」のWケアが1番むくみには効果的です。

 

 

 

まずは温めて、むくみの原因である血行の悪さを解決してあげる必要があるのです。

 

 

 

その次に冷やして血管と皮膚を引き締める。このWのケアが必要です。

 

 

 

image

 

お酒を飲みすぎた場合は「水分」

 

 

お酒を飲んだ翌日はまぶたが晴れやすくなってしまいます。水分を取ると更に腫れぼったくなってしまいそうですが実際は水を飲むのが1番の解決法です。

 

 

 

たいないえに不足している水分を補ってあげることで代謝をよくしたり、水分の循環を促す事で身体は通常の状態に戻ります。

 

 

 

まぶたのむくみが長く続く場合は腎臓の機能低下の疑いもありますので診察を受ける事をオススメします。

 

 

 

これらがまぶたのむくむ原因になりますのでいざと言う時は、ぜひこの解消法を試してみてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ