スポンサーリンク

眠り方で体が変わる!?体質改善睡眠術!♡

 

 

 

「眠らない人は太る!」

 

 

 

研究によると平均睡眠時間が4時間以下の人は7時間以上の人に比べて73%も肥満になる確率が高いそうです。

 

 

 

また睡眠時間が短いといつもより20%も多く食事を取ってしまいしかも甘いものや塩気のあるもの、炭水化物など太りやすい食品を好んでしまうとの事。

 

 

 

いずれも睡眠不足によって、ホルモン分泌がアンバランスになり必要以上に空腹を感じたり食欲が増す事が肥満の原因になるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

美肌はいい睡眠で作られる

 

 

お肌の代謝には深い眠りが大切です。睡眠不足になるとニキビや吹き出物、目の下のクマなどが気になってきませんか!?

 

 

 

この原因は肌代謝が乱れるから。健康なお肌は28日周期で新しい肌に生まれ変わります。

 

 

 

しかしこの周期が遅れると古い角質が残ったまま肌の表面が硬くなりしわやくすみの原因になってしまいます。

 

 

 

肌代謝は眠っている間に行なわれます。特に活発に肌代謝が行われているのがねむりについてからのおよそ3時間のノンレム睡眠と言われています。

 

 

 

ノンレム睡眠とは夢などを見ていない深い眠りの事でこの間に肌代謝を促進する成長ホルモンが盛んに分泌されるのです。

 

 

 

成長ホルモンの分泌は20歳ぐらいから徐々に減少してしまいますが若さを保つためにはなるべくぐっすり眠る事が大切です。

 

 

 

image

 

飲酒はNG!カモミールがおすすめ

 

 

優しいお花畑のような香りが心地よい気分で身も心も癒してくれます。

 

 

 

またカモミールには不安や緊張を和らげてくれる嬉しい効果も!♡

 

 

 

またエビやホタテに含まれるグリシリンは、美肌効果の高いアミノ酸として最近注目されています。

 

 

 

グリシンは美肌効果だけではなく運動や仕事で疲れた体を休ませる「休息アミノ酸」としての効果もある事が分かってきました。これをカモミールの溶かして飲むのも良いでしょう。

 

 

 

image

 

寝る前に簡単なストレッチ

 

 

コリや疲れが溜まっている部分をストレッチしましょう。

 

 

 

寝る前に軽く体をほぐしてあげる事が大切です!

 

 

 

ポイントは力を入れすぎたり呼吸を止めないこと!無理はせずにちょっとだけ体を動かすことで血行を促進して体を温めておくとポカポカして気持ち良い眠りにつくことができます。

 

 

 

image

 

日頃からいい睡眠をこころ掛けてしっかり休息を取るようにしましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ