スポンサーリンク

実は○○が大切なんです!美しい髪を育てるブラッシング方法!♡

ヘアスタイルを整えるだけが、ブラッシングの役割だと思ってはいませんか?

 

 

 

ブラッシングは、美しく豊かな髪を育てるために欠かせないヘアケアです。

 

 

 

そんなブラッシングのあれこれを、いろんな角度から研究してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ブラッシングの3大効果

 

 

 

image

 

 

 

まず第1は、からんだ髪をほぐして抜け毛や汚れを取り除く整髪効果。

 

 

 

髪や頭皮に付着したホコリやフケを取り去り、毛髪環境を清潔にします。

 

 

 

第2は、うるおい効果。

 

 

 

根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をゆきわたらせ、つややかでうるおいのある髪をつくります。

 

 

 

そして第3は、マッサージ効果です。

 

 

 

頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪に栄養がしっかり届くようになります。髪の成長促進にもよい影響を与えるので、髪の発育を促します。

 

 

 

ただし、頭皮を強くこすったり叩いたりするのは、地肌を傷めるので絶対にやめましょう。

 

 

 

ブラッシングのタイミング

 

 

 

基本的にはいつ行っても構いませんが、シャンプー前や育毛剤をつける前にはぜひ行いましょう。

 

 

 

シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップ。

 

 

 

髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

 

 

 

育毛剤を使う前のブラッシングは、頭皮をきれいにするので、育毛剤の浸透を高めるのに効果的。

 

 

 

軽い刺激を与えることで、頭皮の細胞も活性化します。

 

 

 

そのほか、外出から帰ったあと、お休み前などのブラッシングもおすすめ。

 

 

 

ブラッシングの快感が身も心もリラックスさせてくれます。

 

 

 

よいヘアブラシの選び方

 

 

 

ブラッシングには、必ずブラッシング専用ブラシを使うこと。

 

 

 

目の細いくしやブロー用のロールブラシは不向きです。

 

 

 

素材は静電気を発生させず、毛先が柔らかいものがベスト。

 

 

 

豚毛や猪毛のブラシなどなら理想的です。

 

 

 

ナイロン製のブラシは静電気が起きやすいため、髪を傷めてしまう危険性が大。

 

 

 

硬くて弾力性のない金属製のものも、頭皮や髪には刺激が強すぎてあまりよくありません。

 

 

 

最近では「セシオン」など、マイナスイオンを大量に放出する新素材のブラシも開発されています。

 

 

 

毎日使うものですから、なるべく素材重視で選びたいものです。

 

 

 

ヘアブラシの素材と特徴

 

 

 

【豚毛・猪毛】

 

静電気を起こさない。
毛先が柔らかく頭皮を傷めにくい。

 

 

【新素材(セシオン等)】

 

マイナスイオンを大量に放出し、キューティクルを整える。
静電気が起きにくい。

 

 

【ナイロン】

 

静電気が起きやすい。

 

 

【金属】

 

頭皮を傷つけやすく、キューティクルを削り取ることがある。

 

 

 

ブラッシングをやってはいけない時って?

 

 

 

頭皮にかゆみや湿疹があるとき、日焼けなどで頭皮や髪のダメージが大きいときは、ブラッシングは控えましょう。

 

 

 

また、かなり髪が濡れた状態でのブラッシングも、キューティクルを傷めるので避けましょう。

 

 

 

このように、正しいブラッシング方法で美しい髪を手に入れましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ