スポンサーリンク

知っておくと得する!メイクしたまま寝てしまった時の対処法!

 

 

ついうっかり化粧落としをせずに寝てしまって、気が付いたら朝!という経験をしたことはありませんか?

 

 

 

繰り返すことでマイナス10歳肌になるとも言われる「メイクしたまま寝る恐怖」と、「あぁーこんなつもりじゃなかったのに…またやってしまった(T_T)」と後悔した時にやっておきたい、お肌のダメージを抑えるためのケアをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

マイナス10歳肌!?メイクを落とさない恐怖とは

 

 

メイク落としをせずに寝ることで、肌には様々なトラブルが起こります。

 

 

 

うっかり化粧を落とさずに寝てしまったけど、朝にはほとんど落ちてたから大丈夫かも?なーんて甘く見てはいけません!

 

 

 

残念ながら、クレンジングなしで化粧が落ちることはないのです。

 

 

 

時間が経過した化粧品は腐った食品と同じ!?

 

 

 

放置した化粧品は腐った食品と同じって知っていましたか?

 

 

 

化粧品には顔料などの粉末成分、油分、金属などが入っています。これらは時間と共に酸化し、皮脂と混ざり合い、まるで腐った食べ物のように変化します。

 

 

 

そんなものを顔にのせたまま、長時間放置することを繰り返せば、肌は様々なトラブルを引き起こし、急速に老化してしまいます。

 

 

 

メイクしたまま寝る悪影響
・微生物の温床になったり、顔ダニが繁殖することがある

・色素沈着してシミ、くすみができる

・肌を美しくするターンオーバー(新陳代謝)を阻害する

・毛穴が広がったり、大人ニキビや吹き出物ができる

・肌に炎症が起き、コラーゲンが破壊される

・肌が乾燥してシワができる

 

 

 

万が一メイクしたまま寝てしまった時は?

 

 

 

メイクしたままで寝てしまったことで受けた、肌のダメージを和らげることが大切です。

 

 

 

朝起きてガックリしている場合ではありません!なかったことにするためにも、すぐにケアを始めましょう。

 

 

 

たっぷりのクレンジングを使って落とす

 

 

 

ドロドロになってしまった化粧を落としましょう。

 

 

 

まずは、いつもよりクレンジングの量は多めにして、力を入れず優しく落とします。

 

 

 

汚れを指の腹で優しくマッサージするように落とし、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

 

 

次に洗顔料をしっかり泡立て、泡で顔を包むように優しく洗い上げましょう。

 

 

 

朝起きて「時間がないから~」と、そのまま更に化粧を重ねるのは絶対にやめましょう!

 

 

 

2.蒸しタオルで血行促進

 

 

 

実はお風呂に入って汚れを落とし、新陳代謝をあげることができれば一番いいのですが、朝の忙しい時にはハードルが高すぎますよね!

 

 

 

そこでおススメなのが、蒸しタオルです!

 

 

 

蒸しタオルを顔に3分程当てれば、お肌はしっとりして血行も促進!これで毛穴が開きます。

 

 

 

3 しっかり保湿をする

 

 

 

メイクをしたまま寝たことで、肌は乾燥しています。

 

 

 

そこで、しっかりとした保湿ケアが大事になってきます。

 

 

 

おススメはローションパック!

 

 

 

顔型のシートマスクやコットンに化粧水をつけて、顔にペタペタはりつけ、2~3分放置。

 

 

 

これでお肌の奥に化粧水が浸透します。ただし、やりすぎは逆に肌の乾燥を招くので、注意しましょう。

 

 

 

その後美容液やクリームを塗ることで、浸透した水分が蒸発しないようにふたをします。

 

 

 

できることならその日は化粧をせずに、肌を休めてあげるのがベストです。

 

 

 

また、どうしてもメイクする場合は、薄めにしましょう。

 

 

 

4 夜は早く寝ましょう

 

 

 

メイクを落とさず寝てしまった翌日の夜は、早めに寝ましょう。

 

 

 

肌のゴールデンタイムは午後10時~午前2時と言われています。

 

 

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)は、この時間帯が一番活発なのです!

 

 

 

その時にしっかり睡眠をとっておくことで新代謝を促し、きれいな肌が作られていくのです。

 

 

 

5 体の内からもケアしましょう

 

 

 

肌のケアをしたら、内側からも美肌を作る栄養を補給しましょう。

 

 

 

ビタミンC・コラーゲン・水分などを補って、美肌作りをしましょう。

 

 

 

サプリメントもありますが、果物をたくさん食べたり、朝起きて白湯を飲むのもよい方法です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ