スポンサーリンク

なかなか寝付けないとお悩みの方に!寝つきを良くしてくれる食べ物と飲み物をご紹介

 

 

 

寝つきが良くないと、睡眠不足になってしまい体もそして肌もつらい状態になります。

 

 

 

どうしても寝つこうとしているけれどもなかなかできなくて、うまくコントロールすることができずに寝付けないとお悩みの方に!

 

 

 

寝付きを良くする食べ物と飲み物をご紹介します!

 

 

 

image

 

 

 

まずオススメしたい方法の一つが、朝と夜の光の調整をすることです。

 

 

 

夜に明るい光を見ていると、昼と同じ状態になり交感神経が活発になります。そうなると体温が下がってくれないためなかなか眠れない状態になります。

 

 

 

夜今までより暗くする、そして携帯電話などを見ないようにすることで、交感神経が活発ではなくなり体温が下がってくれます。

 

 

 

それにより眠たくなり寝付きが良くなりますので、とても簡単にできるからこそオススメです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

寝つきを良くする飲み物は?

 

 

 

寝付きを良くする方法はいろいろで、何かを飲んで眠れるようにする方法もあります。

 

 

 

それはなんと牛乳!♡

 

 

 

牛乳にはトリプトファンが含まれているのですが、これがとても良い働きをしてくれます。

 

 

 

トリプトファンがセロトニンという物質を作る働きを持っています。このセロトニンが安眠が出来る効果をかなり持っているので、寝付きを良くしてくれます。

 

 

 

ですので、牛乳を飲むことで寝つきが良くなっていくのですが、ただどんな飲み方でも良いわけではありません。

 

 

 

冷たい牛乳を飲んでしまうと、胃を冷やしてしまいます。

 

 

 

これが眠りを妨げてしまいますので、冷たい状態で飲むことはオススメできません。

 

 

 

ホットミルクにして飲むと、比較的寝つきやすくなりますので是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

食べ物は?

 

 

 

寝つきを良くしてくれる食べ物をご紹介します。

 

 

 

寝つきが良くなってくれる食べ物が複数あるので好き嫌いがあったとしても問題なく食べることができます。

 

 

 

寝つきが良くなる食べ物は、

・アーモンド

・バナナ

・乳製品

・お味噌汁

・枝豆

・ゆで卵

 

 

 

これらの食べ物はトリプトファンが含まれていたりアミノ酸が含まれていたりと、安眠の手助けをしてくれる成分が含まれているので、寝つきが良くなります。

 

 

 

どうしても眠れないとしている人はこれらの食べ物を食べてみることがオススメですが、ただ注意があります。

 

 

 

どの食べ物もそうなのですが、即効性があるわけではないですし、ものすごい効果を持っているわけでもありません。

 

 

 

食べるタイミングも大事になりますし、食べるだけでなくいろいろな方法を一緒に試して眠れるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ