スポンサーリンク

ニキビの原因!?お肌のベタつきを招く身近な食品って…?

 

 

 

「最近お肌の調子が悪いな…。」と感じている方はもしかしたら身近な食べ物が原因かも。

 

 

 

美肌作りには身体の内側からのケアが重要です。このぐらいなら大丈夫…と何気なく口にしている身近な食品の中には肌トラブルを起こしやすいものがあるのです。

 

 

 

今回はそんな身近にあるNGな食べ物をご紹介します♡お肌を触ってベタつきの感じる方は要注意です!

 

 

 

スポンサーリンク

 

image

 

 

① バター

 

 

毎日の朝食で毎日摂っているというかたは意外と多いのではないでしょうか?

 

 

 

しかし、バターは中性脂肪をあげてしまう食品の代表格でもあり飽和脂肪酸が多く含まれている事から血流を悪くしてしまう可能性があるのです。

 

 

 

一度に大量に食べる機会は少ないですが中性脂肪になりやすいので肌の皮脂分泌を加速させてしまうこともあります。

 

 

 

肌の油っぽさを感じる時は控えたい食品の一つです。

 

 

 

➁アルコール

 

 

適度のアルコールはストレス解消や健康にも効果的ですが、肌の調子が悪い時には飲むのをひかえたほうがいいでしょう。

 

 

 

お酒を飲んだ後はニキビや吹き出物が出来やすくなりませんか!?

 

 

 

アルコールは肝臓の機能を低下させるため代謝が弱くなり肌にも悪影響が出やすいのです。

 

 

 

ニキビや吹き出物を予防するには飲酒を控えたほうが賢明です。

 

 

 

image

 

③チョコレート

 

 

女子の大好きなチョコレートも、実はお肌を油っぽくしてしまう食品の一つです。

 

 

 

チョコレートには油分と糖分を多く含み皮脂の分泌を促進してしまう事から、肌の分泌を促進してしまう事から肌の分泌を招いてしまう要因になることが。

 

 

 

また糖分は毛穴を詰まりやすくさせる為ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

 

 

お肌が油っぽく感じる時は避けたい食品です。

 

 

 

チョコレートがやめられない方は、糖質オフの物を選ぶなど工夫をしてみて下さい。

 

 

 

肌の調子は食べ物によっても変化する物。肌とらがない時には、影響がなくともベタつきなどをかんじるときは避けた方が無難な時もあります。

 

 

 

image

 

 

 

身体の内側から意識して、普段口にする食べ物には気をつけてみてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ