スポンサーリンク

お仕事疲れをリフレッシュ♡効果的なお風呂の入り方

 

 

お仕事疲れをリフレッシュするための入浴方法をご紹介します。働く女性にとってのバスタイムは、1日の疲れを癒すとっても大切な時間。

 

 

 

心も体もしっかりリセットして、明日もフレッシュな気持ちで仕事を頑張りましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

バスタイムでお仕事の疲れをリフレッシュしましょう!

 

 

image

 

 

ヒールで歩き回って、足がパンパン。パソコンの画面をずっと見ていたから肩がこる。デスクワークでむくみが気になる。

 

 

 

そんな時は毎日のバスタイムでお仕事疲れを取ってリフレッシュしましょう!心も体もリセットされます♡

 

 

 

寝る1時間前の入浴がおすすめ

 

 

しっかりと疲れを取りたいなら、寝る1時間前の入浴がおすすめです。

 

 

 

お風呂に入って体がリラックスすると、副交感神経が優位になります。この状態でお布団に入ると、寝つきが良くなり、深い眠りにつきやすいのです。

 

 

 

ぬるま湯にゆったりと30分つかる

 

 

image

 

 

お風呂の温度を38〜40度くらいのぬるま湯にすると、体が自然とリラックスモードに。

 

 

 

湯船には20〜30分ゆったりつかりましょう。良い香りを楽しめる入浴剤やアロマを使えば、さらにリラックス効果が期待できます。

 

 

 

デスクワークは足がむくみやすい

 

 

何時間も同じ姿勢で座り続けるデスクワークは、血行不良によって足がむくみやすいですよね。

 

 

 

ほっそり美脚を目指すためにも、毎日のバスタイムにマッサージを取り入れてみませんか?お気に入りの美容バスグッズでマッサージすれば、気分もハッピーに♡

 

 

 

簡単なリンパマッサージでむくみ解消

 

 

image
 

 

足首の後ろから膝の裏へ向かって、すーっと手のひらでさすりましょう。次に膝の裏のくぼみをぎゅっと押すようにマッサージ。

 

 

 

最後に膝から脚の付け根へ向かって、すーっと手のひらでさすります。

 

 

 

足先からつけ根までの流れを意識してやってみてください。簡単にむくみ解消の効果を期待できます。

 

 

 

電気を消してお風呂に入る

 

 

ちょっとした工夫1つで、バスタイムのリラックス効果をさらに高められます。

 

 

 

例えばお風呂の電気を消して湯船につかる方法。体と一緒にじんわりと目の疲れも和らぐのがわかります。

 

 

 

アロマキャンドルやおしゃれなライトを使ってもいいでしょう♡

 

 

 

お気に入りのバスオイルの香りにうっとり♡

 

 

image

 

 

湯船にお気に入りの入浴剤やバスオイルを入れれば、バスルームいっぱいにお気に入りの香りが広がります。目をつむって、ゆっくり深呼吸してみましょう!

 

 

 

今日もお疲れ様でした。一日お仕事を頑張った自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

 

お風呂上がりのケアも忘れずに!

 

 

うっとりするようなお風呂から出たら、その後のケアもお忘れなく!とっておきの美容グッズで、お肌のお手入れをしましょう。

 

 

 

明日のコンディションを気持ちよく整えるためには、今晩の念入りなケアが欠かせません。

 

 

 

潤いキープのために保湿をしましょう

 

 

ひじ、ひざ、かかとをはじめとしたお肌の乾燥しやすい部分には、うるおいをキープするためにクリームを塗りましょう。

 

 

 

保湿クリームは、さっぱりめのものからしっとりするものまで、あなたのお肌のコンディションに合わせて選んでみてください♡

 

 

 

明日も頑張ろう♡

 

 

今回はバスタイムでお仕事疲れをリフレッシュする方法をご紹介しました。

 

 

 

1日の終わりに入るお風呂が楽しみになると、毎日をもっとハッピーに過ごせるはず♡今日の疲れは今日のうちにリセットして、明日も元気に働きましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ