スポンサーリンク

頭皮の色で分かる、頭皮の健康状態とは!?

 

 

 

image

 

 

 

頭皮の色で自分の健康状態を知ることが出来ます。

 

 

 

頭皮の健康状態を知ることで自分に最適な頭皮ケアを行えるので、頭皮の色を把握しておくことはとても大切です。

 

 

 

今回は頭皮の色別の健康状態と色別の頭皮ケアをご紹介します。まずは頭皮の色についてです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

青白い頭皮

 

 

 

青白い頭皮は、正常な頭皮の色です。

 

 

 

血行も良く、頭皮の潤いも程よく保たれている健康な状態です。

 

 

 

白い頭皮

 

 

 

白い状態の頭皮は頭皮が乾燥している状態です。

 

 

 

青白い頭皮と違って頭皮が少しパサついているのが特徴で、肌が乾燥気味の方や、季節的に乾燥する冬などは特にこの状態になりやすいといえます。

 

 

 

乾燥している頭皮は潤いが減少し、頭皮のバリア機能が弱っています。

 

 

 

この状態の方は、頭皮の保湿を欠かさないようにすることが大切です。

 

 

 

黄色の頭皮

 

 

 

体調が悪いと顔は青白くなったりしますが、頭皮の場合は黄色になります。

 

 

 

黄色い頭皮は、疲れやストレスが溜まっているサインです。

 

 

 

それに伴い頭皮の血行が悪くなっている状態でもあるので、新陳代謝が乱れてしまいます。

 

 

 

新陳代謝が乱れてしまうと、発毛に影響が出てしまいますので黄色の頭皮の状態を放っておいてしまうと薄毛の原因にもなってしまいます。

 

 

 

肌色の頭皮

 

 

 

一見すると肌の色なわけですから異常はないようにも思えますが、注意が必要な頭皮の色です。健康な頭皮は青白い色をしています。

 

 

 

これは、他の皮膚と違って頭髪によって紫外線から守られているためです。

 

 

 

ですので、青白い健康な頭皮は紫外線に対する免疫が備わっていない状態となっています。頭皮も紫外線を浴びて日焼けをします。

 

 

 

紫外線を浴び続けてこの日焼けが慢性化してしまうと、身体は紫外線から頭皮を守ろうと働きます。

 

 

 

そうすると肌と同じような色へと変化していくのです。

 

 

 

赤い頭皮

 

 

 

色と同様にまさに頭皮の赤信号です。一刻も早いケアが必要です。

 

 

 

赤い色の頭皮は、頭皮が炎症を起こしている状態と考えてください。

 

 

 

白、黄色、肌色の頭皮の状態が悪化した状態です。

 

 

 

強いかゆみや湿疹、フケなどが起こってしまうので症状がひどい場合には皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

 

薬や、薬用のシャンプー、頭皮用ローションなどでの頭皮ケアに加えて、きちんとした食生活や睡眠時間などを摂ることも少しでも早く改善するためには大切です。

 

 

 

早いうちに気が付いて頭皮をしっかりとケアしていれば、未然に防げたかもしれない頭皮のトラブルを見逃してしまうのはもったいないですよね。

 

 

 

定期的に自分の頭皮が何色なのかチェックしてあげることが、健康な頭皮のためになります。

 

 

 

また、ヘッドスパで頭皮の血行をよくしてあげることも効果的です。

 

 

 

頭皮が健康になると髪も健康になるので、ヘッドスパで頭皮ケアをするとより良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ