スポンサーリンク

もう手荒れに悩まない!乾燥が気になったら試してほしいハンドケアの4つのポイント

 

 

だんだんと本格的に寒くなり、肌の乾燥はもちろん、手荒れも気になる季節になってきました。今回は手荒れを防いで潤いのある手をキープする方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

1▶︎ハンドソープは洗浄力の高くないものを使いぬるま湯で流す

 

 

image

 

 

 

インフルエンザや風邪が流行ってくるこの季節はしっかり手洗いうがいが大切です。しかし、普段使うハンドソープの選び方にも気をつけましょう。

 

 

 

市販の安価なハンドソープは洗浄力が高く、手に必要な油分や水分まで取り除いてしまうものもあります。ハンドソープを選ぶ時は、洗浄力が優しいものを選ぶようにしましょう。無添加のハンドソープや固形せっけんがおすすめです。

 

 

 

また洗い流す際のお湯も、温度が高すぎると手に必要な皮脂までとってしまい、手荒れの原因に。お湯はぬるま湯を意識しましょう。

 

 

 

手を洗った後はしっかりタオルで拭き、化粧水を塗るのもおすすめです。

 

 

 

2▶︎食器を洗うときは、ゴム手袋を

 

 

食器を洗うときの台所用洗剤は、洗浄力が高く手荒れの原因に。なるべくゴム手袋を使うようにしましょう。ゴムが直接肌に触れないように、中にシルクまたは綿の手袋を使うようにしましょう。

 

 

 

また洗剤も、手に優しい無添加のものを使うのがおすすめです。しっかり油汚れも落とせる洗剤と、肌に優しい洗剤2種類を用意しておくのが◯

 

 

 

3▶︎手洗いや家事のあとにはすぐにハンドクリーム

 

 

image

 

 

 

手を洗ったあとや家事で洗剤を使ったあとは、なるべくすぐにハンドクリームで保湿することが大切です。

 

 

 

ハンドクリームのベタつきが気になる方は、軽いテクスチャーのものを使ったり、塗ったあとに軽くティッシュオフするのがおすすめです。

 

 

 

4▶︎一日数回ネイルオイルを使う

 

 

ハンドクリームだけでは乾燥が気になる方は、クリームにオイルを混ぜるのか、もしくはネイル用のネイルオイルを1日数回使うとしっとり保湿効果があります。

 

 

 

爪はもちろん手にも一緒に塗るとクリーム以上の保湿効果が◯指先の保湿を強化しましょう。

 

 

 

image

 

 

手荒れを防ぐには日々のケアが重要です。早急に生活習慣やハンドケアを見直して、これからの季節も手荒れ知らずなうるおいのある手を♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ