スポンサーリンク

老け顔の原因″クマ″の種類とケア方法とは!?

 

 

 

なんだか最近急に老けて見える…。

 

 

 

疲れてる?と良く声を掛けるられる貴方。もしかしたらそれは目の下の″クマ″が原因かもしれません。

 

 

 

今回はそんな″クマ″の種類別対策方法をお伝えします!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

クマの種類とチェック方法

 

 

クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3つの種類があります。

 

 

 

クマがある方は状態を見ながらチェックしていきましょう。

 

 

 

image

 

 

青クマ

 

◎クマの境目の皮膚を軽く下に引っ張ると目立たなくなる。
◎ファンデーションを塗ると目立たなくなる。

 

 

黒クマ

 

◎上を向いて鏡を見ると目立たなくなる。
◎ファンデーションを塗っても目立つ。

 

 

茶クマ

 

◎クマの境目の皮膚を引っ張っても上を向いても目立つ。
◎ファンデーションを塗ると目立たなくなる。

 

 

 

青クマ

 

 

目の下に青のような紫のような影があるのは青クマです。

 

 

 

青クマの原因は血流の悪さから来るもの。なのでマッサージなどで血流を良くする事が大切になります。

 

 

 

青クマの原因は血流の低下なので、血行を良くするケアが効果的です。

 

 

 

image

 

 

 

目元を温める

 

 

目元を温める事で血流が良くなります。またリラックス効果もあるので仕事で疲れた時や寝る前にもおすすめです。

 

 

 

ホットタオルなら作るのは簡単です。濡らしたタオルを電子レンジで程よく温めるだけ!簡単に出来ちゃいます♡

 

 

 

黒クマ

 

 

黒クマは目の下の皮膚のたるみによるものなので大人世代の方々に多い症状だと言われています。

 

 

 

黒クマはならないように予防ケアをすることが大切です。目元を優しくケアする事で黒クマを防いだり薄くすることが出来ます。

 

 

 

目元専用のクリームを使ったり、保湿などをしっかり行う事も大切です。

 

 

 

image

 

 

 

茶クマ

 

 

茶クマの原因は色素沈着にあります。毎日メイクをする女性は特に要注意!

 

 

 

まずはしっかりメイクを落とすこと、クレンジングの際にはあまりこすったりしまいことが重要です。

 

 

 

image

 

 

 

目元のクレンジングを見直してみましょう

 

 

アイメイクをしっかり落とすことは色素沈着を起こさないためにも大切です。しかしメイクをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはNG!こすることも色素沈着の原因になってしまいます。

 

 

 

メイクはベースよりもアイメイクから先に落とすようにしましょう。またコットンや綿棒なども必須アイテムです♡

 

 

 

クマを改善するだけでお顔の印象がかわります!しっかりケアをして疲れたお顔とさよならしましょ♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ