スポンサーリンク

絶対に風邪を引きたくない貴方へ!大切な予防と対策って…!?

 

 

 

季節の変わりめは特に、しっかり体調管理が出来ていないとすぐに体調を崩してしまいがちですよね?

 

 

 

風邪を引いてしまう前にしっかりと予防は欠かせません。今回はそんなかぜをひきにくくする対策をお伝えします!

 

 

 

これで今季の冬も大丈夫!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

人混みはなるべく避けましょう

 

 

かぜをは人から人にうつるもの。かぜを予防するには流行期にはなるべく人混みを避け、衛生面にも気を付けましょう。

 

 

 

⚫︎感染者が咳やくしゃみをするとウイルスを含んだ唾液や鼻水が飛沫となって飛び散るので風邪を引いているひとには近ずかないようにしましょう。

 

 

⚫︎ 空気中に飛散したウイルスを吸い込むだけではなく電車のつり革や室内の家具からも手を介して感染することも多い為、手洗いが大切です。

 

 

⚫︎うがいはウイルスを落とす効果はありませんがホコリや細菌を洗い流してのどや口腔内の粘膜にウイルスが付着するのを防いでくれます。

 

 

 

image

 

休養をしっかりとること!

 

 

過労や睡眠不足をなるべく避けたいりょくを温存することが大切です。

 

 

 

体が疲れて体力が落ちていると、ウイルスが細胞内に入り込みやすくなり結果的に様々な風邪を引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

 

ウイルスに付け入られない為にも、風邪の時期には意識的に休息を取るように心掛けましょう。

 

 

 

image

 

 

基礎体温をあげよう

 

 

平熱が36度以下の方は低体温です。温度が下がれば下がるほど免疫力がグンと下がってしまいます。

 

 

 

お風呂には浸かるようにしたり筋肉をつけて代謝量をアップしたりなどからだを冷やさない工夫をしましょう。

 

 

 

人が多い所ではマスクをしましょう

 

 

ウイルス自体は簡単にマスクの目を通ってしまいますがウイルスは大抵涙や鼻水に絡んで出てくるのでマスクでブロックすることができます。

 

 

 

他人からの感染を防ぐ事が出来るのでしっかりマスクで予防するようにしましょう。

 

 

 

腸内環境を整えよう!

 

 

腸には体内に入ってきたウイルスや細菌などを感知し体内に排出する働きがあります。

 

 

 

しかし腸に悪玉菌が増えてしまうと腸の働きがわるくなり免疫力が低下してしまいます。

 

 

 

その為にもヨーグルトや味噌などの発酵食品を積極的に取り入れて胃腸に負担を掛ける時期でもあるのでしっかりいたわってあげましょう。

 

 

 

適度な運動と薄着習慣

 

 

日頃から適度な運動を心掛け風邪に負けない体力をつけ免疫力を高めることも大切です。

 

 

 

さらに厚着の習慣は体温機能の能力を低下させ抵抗力を弱めてしまいます。

 

 

 

なるべく薄着にして気温の変化に皮膚や粘膜が順応出来るように鍛えましょう。

 

 

 

寒い時期に極端な薄着をするのではなく温度差の大きい野外と室内の気温に合わせてこまめに衣服の脱ぎ着をする事を心掛けましょう。

 

 

 

image

 

 

食生活を見直す

 

 

免疫力を高める為には食事が大切です。しかしいくら体にいいからと言ってそればかり食べていてもいけません。

 

 

 

バランスの良い食事を心掛けましょう!また骨や歯を作るカルシウムが多い乳製品や、ビタミンの多い果物を摂るのも大切です。

 

 

 

実はストレスも風邪のもと!

 

 

寒さだけでは風邪にかかりませんが、乾燥や温度変化、過労や睡眠不足などでひきやすくなることはあります。

 

 

 

れいだんぼうを使ったり温度変化が激しい時は体がついて行かず免疫力が低下しがちです。そんな時につかれやストレス、栄養不足などで体力が落ちるとウイルスの感染に負けてしまいます。

 

 

 

ストレスの溜めない生活を心掛けましょう!♡

 

 

 

風邪のひき始めは休養が大切ですので、無理はせずしっかり身体を休めてあげましょう!日頃から風邪に負けない身体ずくりも大切です!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ