スポンサーリンク

風邪をひきにくくしてくれる身体をつくる食べ物!

 

 

 

だんだんと寒くになり風邪をひきやすい時期になってきましたね。

 

 

 

そこで風邪をひきにくい身体を作る7つの食べ物をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

風邪をひきにくい身体を作る7つの食べ物

 

 

 

image

 

 

 

風邪を引きにくくするには、以下のような栄養素を含む食べ物を積極的に摂りましょう。

 

 

 
・たんぱく質
・ビタミンC
・ビタミンAまたはβ-カロテン
(β-カロテンは体内でビタミンAに変換されてビタミンAの働きをします。)

 

 

 

タンパク質やビタミンは、体力の回復や維持の助けになるといわれています。

 

 

 

もちろん、最も重要なことはバランスの取れた食事を心がけることなので、さまざまな栄養素をバランスよく摂った上で、ご紹介したような栄養素を多めに摂ることをおすすめします。

 

 

 

①肉

 

 

 

肉類で特にたんぱく質が豊富なのは、鶏ささみ・鶏むね肉・豚ヒレ肉・豚もも肉などです。

 

 

 

鶏肉はカロリーも低めで肌荒れなどにも良いとされていますし、豚肉にはビタミンB郡も豊富で疲労回復なども期待出来ます。

 

 

 

そのほか、牛肉やサラミ・ベーコン・ハムなどの加工品もたんぱく質が豊富です。

 

 

 

②いわし

 

 

 

いわしには、たんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質のほかに、体を温めてくれるビタミンEや、ビタミンDも含まれています。

 

 

 

いわし以外に、アジ・さば・まぐろの赤身などもたんぱく質が豊富な魚です。

 

 

 

③パプリカ(赤ピーマン・黄ピーマン)

 

 

 

パプリカには普通のピーマンの倍以上のビタミンCが含まれています。

 

 

 

ビタミンCを摂ることで体力を補うことができるといわれています。

 

 

 

特に赤ピーマンにはビタミンCとカロテンが豊富に含まれていると言われています。

 

 

 

④アセロラジュース

 

 

 

アセロラジュースにも豊富なビタミンCが含まれています。

 

 

 

アセロラは生でも食べられますが、傷むのが早いため生で食べる機会は少ないかと思います。

 

 

 

生で食べられる機会があればビタミンC補給にぜひ食べてみてください。

 

 

 

⑤モロヘイヤ

 

 

 

モロヘイヤは、栄養価の高さから“王様の野菜”と呼ばれています。

 

 

 

体力を維持し、菌の侵入を防ぐビタミンA(カロテン)が、とても豊富に含まれているので、風邪・インフルエンザなどをふせぎやすいといわれています。

 

 

 

モロヘイヤよりは少なめですが、ほうれん草・あしたば・春菊などにもカロテンが多く含まれています。

 

 

 

⑥ニラ

 

 

 

ニラにもカロテンが多く含まれています。カロテン以外にもビタミンC・ビタミンE・カルシウム・食物繊維など栄養素が豊富です。

 

 

 

⑦納豆

 

 

 

納豆には、たんぱく質やビタミンE、ビタミンB郡など豊富な栄養素が含まれており、強い体作りをサポートしてくれます。

 

 

 

風邪の引き始めに食べると、体の回復を助けてくれます。

 

 

 

3.風邪をひきにくくするのために気を付けたいこと

 

 

 

食べ物以外の、風邪をひきにくくするの方法についてお伝えします。

 

 

 

■手洗い&うがい

 

 

 

風邪を防ぐには当たり前のことですが、こまめな手洗い・うがいで風邪の菌の侵入を防ぎましょう。

 

 

 

特に帰宅後などは手洗い・うがいをしっかりして清潔にしましょう。手洗いは意外と洗い漏れが多いです。

 

 

 

せっかくの手洗いも洗い漏れていては意味がありません。

 

 

 

手首・指の間・指先・爪の間・親指も忘れずにきちんと洗いましょう。

 

 

 

手を拭くタオルは菌が繁殖しやすいので、こまめに取り換えると良いでしょう。

 

 

 

また、風邪をひかないためのうがいは 水または、温かい緑茶でするのがおすすめです。

 

 

 

緑茶に含まれるカテキンが、風邪をひきにくい身体を作ってくれます!

 

 

 

■睡眠

 

 

 

睡眠が不足すると、体の疲労や体力の減少に繋がります。しっかり睡眠を取って体を休めてあげましょう。

 

 

 

■空気の乾燥対策(加湿)

 

 

 

冬に風邪をひきやすいのは、空気が乾燥して湿度が下がることが関係しています。

 

 

 

特に冬に流行ることが多いインフルエンザウイルスなどは、湿度に弱いので湿度を高く保つことが有効とされています。

 

 

 

加湿器を使ったり観葉植物を置くと良いでしょう。

 

 

 

今回紹介した食べ物を積極的に摂り入れることとバランスの良い食事を心がけて、風邪をよせつけない身体を作っていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ