スポンサーリンク

気になるニキビやシミ…普段の食生活からできる美肌対策☆

 

 

 

肌に良い食べ物・悪い食べ物とは、どのようなものがあるかご存知ですか?

 

 

 

積極的に摂りたい肌に良い食べ物と、極力控えたい肌に悪い食べ物をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

体内の環境に影響される肌

 

 

「肌は内臓の鏡」と言われ、バランスの悪い食生活で内臓が弱ったり血行が悪くなると、その不調はすぐに肌に現れてきます。

 

 

 

体内環境が肌に与える影響は大きいということを理解しておきましょう。

 

 

 

美肌のためには、バランスの良い食生活が大切です。

 

 

 

食生活が乱れると肌トラブルだけでなく、生活習慣病や肥満を引き起こします。

 

 

 

これらを防ぐために主食(炭水化物)、主菜(肉・魚・卵・大豆食品)、副菜(野菜、海草類、きのこ類)、乳製品、果物をバランス良く摂りましょう。

 

 

 

肌に良い食べ物・悪い食べ物

 

 

それでは、肌にとって良い食べ物と悪い食べ物の代表的なものをご紹介します。

 

 

 

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物

 

 

 

image

 

 

 

ビタミンB2、B6はニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

 

 

ビタミンB2を多く含む食べ物には、《アーモンド、卵類、牛乳》などがあります。

 

 

 

ビタミンB6を多く含む食べ物には、《卵類、緑黄色野菜、魚類》などがあります。

 

 

 

コラーゲンの生成を促すビタミンCと一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。

 

 

 

反対に、スナック菓子やファストフードなどといった糖分や脂肪分の多い食べ物は、皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化させるので、できるだけ避けましょう。

 

 

 

また、コーヒーなどに多く含まれるカフェインにはビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあるため、これも皮脂の分泌を増やす原因になります。

 

 

 

乾燥肌に良い食べ物、悪い食べ物

 

 

 

image

 

 

 

保湿を助けるヒアルロン酸を含む食べ物を摂りましょう。

 

 

 

ヒアルロン酸は、《動物の軟骨やフカヒレ》などに含まれています。

 

 

 

新陳代謝を活発にする亜鉛も積極的に摂りたい栄養素。

 

 

 

亜鉛を多く含む食べ物には、《牡蠣、ほたて、卵、納豆》などがあります。

 

 

 

また、身体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなり、乾燥しやすくなります。

 

 

 

生野菜や冷たい飲み物などの摂り過ぎは冷えの元となるので注意しましょう。

 

 

 

また、お酒の摂り過ぎは身体や肌の水分不足を引き起こし、乾燥を招きます。

 

 

 

シワやたるみに良い食べ物、悪い食べ物

 

 

ハリのある肌に必要なのは、肌を組成する素となるビタミンC・鉄分・タンパク質。

 

 

 

シワやたるみが気になる方は、ビタミンCを多く含む《柑橘類や葉物野菜、鉄分を含むカツオやひじきなどの海産物、タンパク質を含む大豆製品》これらを積極的に摂りましょう。

 

 

 

糖分や脂肪分の多い食事は肌を酸化させ、老化を招くので摂り過ぎには注意が必要です。

 

 

 

肌トラブルの回復を遅らせる食べ物

 

 

内臓に負担をかけるものや、身体を冷やす食べ物は肌トラブルを招き、回復を遅らせてしまう可能性があります。

 

 

 

トラブルを避けるためにも、肌にとって良くないものはできるだけ摂らないように心がけましょう。

 

 

 

カフェイン

 

 

コーヒーなどに含まれるカフェインは、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせます。

 

 

 

脂分が多いもの

 

 

揚げ物やスナック菓子、ファストフードなどで脂分を摂りすぎると肌を酸化・老化させ、コラーゲンの生成を妨げます。

 

 

 

冷たいもの

 

 

生野菜や冷たい飲み物を摂りすぎて内臓が冷えると全身の血行が悪くなり、老廃物を排出しにくくなります。

 

 

 

このように普段の食生活から美肌になるために、改善できる点がたくさんあります!

 

 

 

食生活を気をつけて美肌を手に入れましょう♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ