スポンサーリンク

日焼け止めの正しい使い方知ってますか?間違った使い方をしていると肌トラブルの原因に…

 

 

 

絶対に日焼けをしたくない!

 

 

 

日焼け止めは毎日塗っているし、表示してある数値がとにかく高いものを選んでいるという方、いませんか?

 

 

 

でも一方で、日焼け止めを塗ると何だか肌が乾燥する、何故か吹き出物が出てしまうなど、肌トラブルに関する悩みを抱えている方もいることでしょう。

 

 

 

それは、自分に合った目的、肌質に合った日焼け止めを選んでいないからです。

 

 

 

むやみに高い数値の日焼け止めを選んでも、実は肌に負担をかけるばかりでその使い方によっては効果を発揮できていない、なんていう場合もあるんです。

 

 

 

なので、日焼け止めについて正しい知識を身につけ、効果的な日焼け対策をしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

SPFとPAの正体

 

 

 

image

 

 

 

日焼け止めに表示されている《SPFとPA 》という表示。

 

 

 

それぞれについて詳細を学ぶ前にまずは紫外線について簡単に説明します。

 

 

 

紫外線はA波とB波から成り立っています。

 

 

 

UVAとUVB という呼び方もよく聞くと思います。

 

 

 

まずUVAは地表に届く紫外線の内、約95%を占め、エネルギーは比較的弱いものですが浸透力がかなり強いです。

 

 

 

雲やガラス、衣服までも通り抜け、肌の奥底、真皮まで届いてダメージを与えるんです。

 

 

 

ハリや弾力の元である細胞に直接的にダメージを与え、老化を引き起こします。

 

 

 

一方、UVBは波長が短く、強力なエネルギーを持ちます。

 

 

 

肌の表面にダメージを与え、日焼けの原因となります。

 

 

 

日焼けは要するに火傷。

 

 

 

どれだけ肌に悪いかわかりますよね。

 

 

 

このUVAとUVBを防ぐ指標となるのがPAとSPF。

 

 

 

PAは+の数で表され、最大三つまでレベルがあります。

 

 

 

+の数が多ければ多いほど高いUVAの防御効果を示します。

 

 

 

そして人の肌がUVBによって影響を受け始めるまでにかかる時間は約20分と言われています。

 

 

 

SPFの値は、この時間をどれだけ伸ばせるかという数字。

 

 

 

例えばSPFが30なら20分×30=600分、つまり10時間は日焼けを食い止めることができるというわけです。

 

 

 

日常使いならPAは+か++、SPFは15~25で十分です。

 

 

 

日焼け止めを塗る順番

 

 

 

image

 

 

 

日焼け止めの効果が最も発揮できる順番は、女性の場合、普段はメイクをする前のスキンケアの後がいいでしょう。

 

 

 

つまり化粧水や乳液のあとに日焼け止めを塗り、化粧下地で色補正は行い、その後いつも通りメークを行うという順番です。

 

 

 

海や山などレジャーに出かけたときには、メークの上からこまめに日焼け止めを塗り直すことで効果的に紫外線を防ぐことができます。

 

 

 

このように、せっかく日焼け止めを塗っても正しい使い方をしないと、肌トラブルを招く可能性があります。

 

 

 

日焼け止めの正しい使い方を知り、しっかりと日焼けを防ぎましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ