スポンサーリンク

冬は冷えの季節!実は冷え症を招いているNG行動は良くしてしまいがちな○○でした!

 

 

 

秋から冬にかけて、冷え症さんには辛い季節になってきました。

 

 

 

実はその冷え症。よくやりがちな行動で悪化させてしまっているかもしれません。

 

 

 

まずは自分の行動を見返してみましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

こんな行動してしまっていませんか!?

 

 

冷え症に悩んでいる方は、冷えの対策として色々工夫をして来たと思います。

 

 

 

しかし、実はそれがかえって逆効果になっている場合も少なくありません。

 

 

 

今回は、そんな冷え症にお悩みのあなたへ。やってはいけないNG行動をお伝えします。

 

 

 

靴下の重ね履き

 

 

冷え症の方にありがちな、足先、指先が冷たくて少しでもよくする為に、靴下を何枚も重ねて履いていませんか!?

 

 

 

実はその靴下の重ね履き、冷え症を悪化させてしまっているかもしれません。

 

 

 

原因は、重ね履きによる締め付けで血行を悪くさせてしまっている可能性も…。

 

 

 

なので靴下を重ね履きする時はサイズの大きめな物を選んでなるべく締め付けなどがないように注意しましょう!

 

 

 

image

 

動かずお家でゴロゴロ

 

 

寒いからといってずっとお家でゴロゴロしてるのも実はNG!

 

 

 

動かずにじっとしてばっかりでいるとだんだん筋肉を使う時間が短くなり筋力が落ちていってしまいます。

 

 

 

筋肉量が少なくなると、血行が悪くなり冷え症が悪化したり、体を暖められなくなり体が冷えやすくなるなどデメリットばっかり。

 

 

 

軽い運動やエクササイズで、筋肉を呼び覚ましておくとそれだけで体温があがり血行もよくなります。

 

 

 

image

 

熱々なお風呂

 

 

冷え症さんは体を温めようと熱いお風呂に入りがちですが、熱いお風呂にいきなり入ると自律神経が乱れて冷え症が悪化してしまう可能性があります。

 

 

 

冷え症の方は入浴の仕方に注意が必要です。ぬるめの温度のお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。そして浸かる前にかけ湯をするのもポイントです。

 

 

 

かけ湯をする事で体が温かさになれ自律神経が乱れるのを防いでくれます。

 

 

 

image

 

とにかく体を温める

 

 

冷え症さんはとにかく体を冷やさないようにエアコンをずっとつけていたり重ね着をする方が多いですが、外部から体を温めすぎると、自分で体を温めようとする機能が弱まってしまいます。

 

 

 

ずっとこのような生活を続けていると冷え症が悪化してしまうことも。

 

 

 

甘いものや揚げ物が好き♡

 

 

甘いお菓子や揚げ物は要注意!食べ過ぎると血液がドロドロになり冷え症を引き起こしてしまう場合も。

 

 

 

また水分不足も気を付ける必要があります。お魚や野菜には血液をサラサラにしてくれる効果があります。なので寒い季節こそ野菜やお魚をしっかり食べるようにしましょう!

 

 

 

image

 

食べ物について

 

 

冷たいものの食べすぎはもちろんNG!

 

 

 

しかし、ただ温かいものを食べればいいと言うわけではありません。大事なのは体を温める食材がはいっているか。

 

 

 

生姜や唐辛子など体を温める食材も意識して食べるようにしましょう。

 

 

 

しっかり冷え対策を知ってこの冬を乗り切ろう!♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ