スポンサーリンク

短いアホ毛が立って気になる!その原因と対策方法♡

 

 

 

 

毛は髪の毛が、硬い人に多く見られるようです。新しく生えてきた髪の毛が短くて立ってしまったり、切れ毛が目立ってしまうと「アホ毛」と呼ばれるあのぴょんぴょんした毛になってしまうんです。

 

 

 

また、短かかったり、硬かったりするから重力にも負けず、乾燥していたり傷んだりしているとはねやすくて戻りにくい傾向にあるんです。そんなアホ毛ですがきちんと日頃からケアすればちゃんと改善されます!

 

 

 

スポンサーリンク

 

アホ毛の原因

 

 

image

 

 

 

アホ毛を生み出している原因はなんだかご存知ですか?それは頭皮の毛穴のつまりです。頭皮の毛穴がつまっていると、髪の毛が生えるのを邪魔したり、髪の毛がまっすぐ伸びることができなかったりします…。つまり、まちがったヘアケアがアホ毛を生み出していたのです。

 

 

 

その他にも、ホルモンバランスの乱れ、頭皮のコリ、髪の毛の水分不足など他の要因も挙げられます。

 

 

 

「アホ毛」を生み出さない方法

 

 

正しいシャンプーの仕方が大切!

 

 

・暑くて強いシャワーはだめです。
(適温は38℃。温度が高いとキューティクルが立ちあがってしまいます。)
(水圧が強いと髪の毛自体を痛めてしまいます。)
・シャンプーは頭皮を優しく洗うイメージで
(指の腹を細かく動かしながら洗いましょう!)
・すすぐときは「地肌」から
・自然乾燥はだめです。
また日頃から特に注意したいのはドライヤーのかけ方!!

 

 

 

普段なんとなく髪の毛を乾かしていると思うのですが、実はほとんどの方がドライヤーのかけ方を間違えているとか。ドライヤーは髪の毛から20センチ離して、<はね>や<広がり>を抑えたい方は上からかけるようにしましょう。

 

 

 

髪の近くにあててしまうと傷みの原因になり、アホ毛の悪化にも繋がります。ですが、コツコツやることはすぐには効果が出ないかもしれません。そんな時はヘアセットで誤魔化してしまいましょう!

 

 

 

アホ毛の隠し方

 

 

頭の上にぴょんぴょんはねているアホ毛を見つけたら、押さえつけたくなりますよね。また、水をつけて直してもすぐピヨンって出てきてしまうのがアホ毛。。。ですが、変にワックスやスプレーをつけてしまうと、てかてかしたりベタついたりしてしまいます。そこでひとつ裏技をご紹介します。

 

 

 

≪コーム(くし)にハードタイプのスプレーを吹きかけてアホ毛の部分をとかす!≫直接スプレーするわけではないので自然におさえることができます!!

 

 

 

普段の頭皮ケアもしっかり見直し、お風呂上がりのドライヤーは必ず!自然乾燥しない。シャンプー後の汚れはしっかりと流す事を意識してみましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ