スポンサーリンク

そのヘアケア間違ってるかも?美しい髪を作る簡単”美髪習慣”♡

 

 

突然ですが、あなたの頭皮の色は何色でしょうか?肌色?ピンク?赤?頭皮は健康で美しい髪の毛を作る土壌ですので、頭皮の色が悪いと髪の毛の質にも影響が出てくるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

髪が美しくないときのいちばんの理由

 

 

image

 

 

毛は3層に分かれており、1番外側にある部分をキューティクルと呼びます。キューティクルは薄いウロコのような透明な細胞が毛の根元から先端にかけて重なり合っており、これが少しずつ離れていくことで、髪の毛はぱさつき、艶のない毛になってしまうのです。

 

 

 

さらにダメージが進行するとキューティクルは完全に剥離してしまいます。切れ毛や枝毛となり、カラーの色味やパーマのかかりなども悪くなってしまうのです。

 

 

 

タオルで濡れた髪の毛をゴシゴシとふき、目の細かいクシでブラッシングしている人。洗浄力の強いシャンプーで洗髪し、髪の毛が濡れたまま寝る人。ホームカラーで髪を染めている人。

 

 

 

これらの人は、キューティクルにダメージを与えている可能性があります。これらのNG行為を避けることが美しい髪を得る鍵となるでしょう。

 

 

 

キューティクルを傷めるNG習慣はこれ!

 

 

image

 

 

髪の毛はケラチンと言う硫黄を含むタンパク質の1種から構成されており、熱に非常に弱いのが特徴です。タンパク質は60度で変性するため、高い熱を髪に当てる事は、髪をボロボロにする1番の原因となります。あなたはドライヤーを使用する際、どのぐらいの距離で髪に熱風を当てていますか?

 

 

 

一般的なドライヤーの噴出口は120度まで熱が上がります。髪が硬い人に共通するのは、ドライヤーの噴出口と髪の毛との距離が非常に近いこと。またヘアアイロンを頻繁に使っている人も上がとても硬くなっています。ドライヤーとの距離を20センチ以上離す、ヘアアイロン専用スプレーで髪の毛を熱から守る、などの対策は必須です。

 

 

 

年齢を重ねると気になってくる、頭頂部の薄毛

 

 

私たちの皮膚は手のひらや足の裏、唇や陰部の1部を除いて、すべての表面が毛で覆われています。全体で約130〜140万本の毛が生えており、そのうち頭の毛は約10万本。

 

 

 

髪の毛の太さは後頭部が太く、頭頂部の毛は細いのが一般的です。加齢とともに頭頂部の毛が細くなってきたと感じている人がいますが、実はもともと頭頂部の毛は細いのです。

 

 

 

そんな細い髪の毛が生えている頭頂部ですが、男性ホルモンの影響を受け易く、しかも毛細血管が非常に少ないため、薄毛になりやすい環境が整っています。

 

 

 

あなたが頭頂部を美しく健康な髪の毛にしたいと願うのなら、頭皮の血行を良い状態にし、頭皮を理想の色に変える必要があるでしょう。頭皮の血行を妨げる原因として、寝不足、深酒、喫煙、ストレス、栄養不足などがあり、もし心当たりがあるのならぜひ頭皮の血行を良くするための行動をとってみることをお勧めします。

 

 

 

頭皮の血行を良くするための行動

 

 

1.乱れた生活習慣の改善

 

 

2.髪に必要な栄養素(タンパク質、亜鉛、銅、ビタミンD Eなど)の摂取

 

 

3.シャンプー時のヘッドマッサージ

 

 

4.頭皮へのブラッシング習慣

 

 

 

正常な頭皮の色は青白い乳白色

 

 

 

image

 

 

いかがでしたか?今回は美しい髪にするための基本となる知識とケア方法をご紹介しました。どんなにパーフェクトな顔とボディでも、ボロボロな髪ではすべて台無しです。ぜひ、積極的な美髪作りに励んでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ