投稿

IMG_1617
,

今から始めるから効果的!夏に向けての紫外線対策!

      紫外線は夏だけでなく1年中降り注ぎ、5月から9月はとくに油断は禁物です。梅雨時期は雨だからと油断してしまいがちですが、暑くなってからでは遅いのです。今からでも始めることで、紫外線対策は意味のあるものになります。まずは基本的なUVケアをおさらいしていきましょう!       紫外線の種類   紫外線には3種類あるのをご存知でしょうか?UV-A、UV-B、UV-Cといいます。この中で最も肌に影響があるとして危険なのがUV-Cですが、現在はまだオゾン層により守られているので地表まではそれほど影響はありません。しかし、近年はオゾン層の破壊が問題になっていることで、その危険性も危惧されるようになりました。   UV-Aとは? UV-Aは、しわやたるみの原因になる紫外線です。皮膚内部の表皮にまで届き、コラーゲンを破壊してしまうので、ハリが失われしわやたるみを引き起こしてしまいます。くもりの日や、窓ガラスなども通過して肌に届く紫外線なので、室内にいても影響を受けます。   UV-Bとは? UV-Bは、皮膚の表面を赤く炎症を引き起こす、いわゆる日焼けやシミの原因になる紫外線です。表皮の細胞膜やDNAを破壊するため炎症が発生します。また、メラニン色素の増加によりシミやそばかすなどの原因にもなります。UV-Aよりも人体に影響が強く出ると言われています。       紫外線対策の基本ルール   紫外線の対策に必要なものとして、日焼け止めの使用は必須です。日焼け止めの選び方として、SPFやPAに注目すべきなのですが、その選び方をみていきましょう。   SPFとは? SPFの値は主にUV-Bを防ぐ効果の度合い、PA値はUV-A防ぐ度合いの目安となる数値です。SPFは、この「赤くなりはじめる状態をどのくらい引き延ばせるか」という数値で、SPF1が20分に相当します。2なら40分、3で60分、という事です。   ・日常であればSPF10〜20程度 ・軽いレジャーやスポーツならSPF20〜30程度 ・リゾート地や海辺などはSPF30〜   外にいる時間が長くなるにつれてSPFの高いものを使ったほうが良いですね。逆に短時間での使用にSPFの高いものを使う必要はありません。   PAとは? PA値は、「プロテクション…
IMG_2092

紫外線対策は今の時期からでも早くない!

これからどんどん天気が良くなって、外に出る機会も増え、太陽に当たる時間も増えてくると思います。 そんなとき、気になるのが紫外線です。 しかし、紫外線はなんとなく夏に多いと思っている方が多いと思います。 もちろん、夏も紫外線量は多いのですが、この時期から紫外線対策をしておく事も必要です。 春は、冬の乾燥で肌が弱っているところに、急に紫外線が増えるのです。 そのため、3月、4月、5月も紫外線対策はとても必要なんです!  …
img_1423

洗い流さないトリートメントの効果

みなさん、洗い流さないトリートメントは、してもしなくても一緒だと思っていませんか? 付けるのを忘れてそのまま乾かしていたり、あるのに使わなかったりという方は、もったいないです‼︎  …
img_0779

透明感のある素肌をつくるためのスキンケアって?!

  お肌に透明感があるのって素敵で…
img_1182

朝シャン…ホントは良くない⁉︎

みなさんは、夜お風呂に入ってしっかりシャンプーをしますか? 夜入ることが面倒くて、朝シャンでいいや…っとなっていませんか? 朝、シャンプーすることで、気持ち的にもスッキリするのでいい、という方もいらっしゃると思いますが、朝シャンは実はあまりオススメしません。  …
image
,

毎日使える「アルブチン」で紫外線に負けない肌をつくる!

      夏の厳しい紫外線を耐え抜いてきたお肌、だいぶ疲れてませんか?日焼け止め、ファンデーション、美白化粧品などなど…やっと肌に負担がかかる季節が終わりました!       しかし!紫外線は年中降り注ぎ、油断している今の時期こそ紫外線対策が必要なのです!       そこで普段使いのしやすいJCprogramの美白美容液、≪薬用アルブCモイスト≫をご紹介します!       スポンサーリンク       主成分はナノ化されたアルブチン       アルブチンは、シミやくすみのもとになるメラニンが活性化する際に起こる、酵素チロシナーゼを抑えるという働きがあります。これにより、シミの発生を防ぐことができます。       さらに、ナノ化されていることによって通常は肌表面にしか届かない美容成分を、肌の奥まで届かせることができ、より効果的になります。       アルブチンは安定性のある美白成分       もともと、美白効果が高く皮膚科でよく使われていたハイドロキノンという美白成分がありますが、ハイドロキノンとブドウ糖を結合させたものがアルブチンです。       ハイドロキノンは美白効果は高いのですが、その分、肌への刺激も強いのです。アルブチンの場合は肌への刺激も少なくなっているので、より安定しており、安全に、継続的に使うことが可能です。       保湿成分もたっぷり配合       納豆エキスやハマメリスエキスなどの保湿成分も配合しており、美白と保湿、消炎、お肌の収れん効果が同時に期待できます。       毎日使える美白美容液で、紫外線に負けない健康的な肌を目指しましょう!         ≪ナノ化成分配合美容液≫…
image

髪の毛を紫外線から守る

    スポンサーリンク   グリマーシャイン         モロッカンオイルのシリーズから今回はグリマーシャインという、お出かけ前や髪をセットし終わった最後につけるミストを紹介します。  …