スポンサーリンク

お肌の曲がり角!しみ・くすみ・乾燥に負けない肌を手に入れましょう!

 

 

肌のシミやくすみ、乾燥などの肌トラブルが気になってきた〜〜!!シミ・くすみ・乾燥に悩まされない肌を手に入れましょう!

 

 

img_6586

 

 

スポンサーリンク

 

なんか、ちょっと老けた…?

 

 

鏡に映る自分を見て、ある日ふと思ったこと!「あれ?私老けたかも…」普段そこまで気にしていなくても一度気づいてしまうと、とても気になってきますよね。

 

 

 

くすみを撃退!

 

 

☆シミや色素沈着

 

 

紫外線や炎症によって肌のターンオーバーが低下するとシミの原因になったり色素沈着が起こってしまいます。
またわ肌への摩擦などによる刺激で色素沈着が起こる場合もあるので洗顔やスキンケアを行うときは優しく行うように心がけましょう。

 

 

多くの紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。このメラニンの褐色が肌のくすみに見えることがあります。

 

 

 

乾燥!

 

 

肌が乾燥すると、角質層のキメが乱れてしまい、光の透過性悪くなってしまい、肌がくすんで見えてしまうので、乾燥対策もしっかり行うことが重要です。また、乾燥によって色素沈着起こってしまうので肌にとって乾燥は天敵なのです。

 

 

乾燥によるくすみには、なんといっても保湿が大切。セラミドやコラーゲンなどのうるおい成分をたっぷり角質層に届けることで、角質細胞みずみずしく、ふっくらした状態に仕上げてあげましょう。

 

 

 

血行不良!

 

 

血行の悪い肌は、血行の良い肌に比べてくすんで見えてしまいます。運動をしたりしっかり睡眠をとって生活環境を見直したり、リンパマッサージで血行良くすることが大切です。

 

 

日常の疲れやストレス、睡眠不足や体の冷えからなどが原因で、体の巡りが滞ると血行も悪くなり、肌の血色感が失われて肌全体が暗く見えてしまうことがあります。

 

 

 

乾燥する前に保湿をする!

 

 

水分を補充するだけでなく、水分を逃さないこともとっても大切。化粧水や乳液などは、保湿力の高いものを使うようにしましょう。乾燥する前にしっかりと保湿をすることが重要です。

 

 

img_6584

 

・セドナリベールクリーム 30g ¥7560

 

紫外線対策

 

 

紫外線の影響は3〜5年後に出てくると言われています。日焼け止めは1年中塗るのがベスト!!

 

 

 

img_6585

 

・デイリースキンヴェールUV 30g ¥3456

 

紫外線を浴び続けることがしみのスイッチとなり、突然シミが多発する可能性も。そうならないためにも、こまめに紫外線対策をするようにしましょう。

 

 

 

基礎代謝を上げる

 

 

歳を重ねてからのシミや乾燥は、実は基礎代謝が下がっていることが最も大きな原因!

 

 

血行を良くするためには…
・筋肉量を増やして体温を上げる
・血行を良くして体温を上げる
・体を柔らかくする
・肺活量増やす
・肩甲骨付近位集まってある褐色脂肪細胞を刺激する

 

 

筋肉が、脂肪を除いた体の組織の中でおよそ40%を含めているため、筋肉量が多いほどエネルギーがたくさん必要となります。つまり、基礎代謝はその人の筋肉量によって大きく左右されると考えてよいのです。

 

 

 

ストレスを溜め込まない

 

 

ストレスを溜め込むと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、色素細胞刺激ホルモンの分泌つが過剰になり、メラニンがたくさん生成され、シミができる原因になってしまいます。ストレスを溜め込まないようにすることもシミ予防には大事なのです。

 

 

ストレスが溜まることによって、自律神経の働きが乱れ皮脂分泌が増えます。またストレスに対抗して男性ホルモンが分泌され、それによって皮脂分泌が増加。さらに抗ストレスホルモンが作り出される時に、ビタミンCやB群が大量に使われてしまうことでシミができやすいお肌になってしまうのです。

 

 

 

お肌に悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてください♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ