スポンサーリンク

今時期気になる…カサカサボディーの乾燥対策!♡

 

 

体は顔と同じように、季節や過ごす環境の影響を受けて乾燥してしまいます。さらに年齢や体調の変化によって生活環境に適応するのがより難しくなってきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

入浴時の保湿ケア

 

 

 

体の乾燥が気になる時は、まずは入浴時に保湿効果のある入浴剤を入れた湯船で温まりましょう。

 

 

 

洗浄剤の使いすぎでタオルで過敏にこする行為は肌を守っている皮脂膜を取りすぎて乾燥の原因となるので、注意が必要です。

 

 

 

さらに肌の乾燥が激しい時は、ボディー用の洗浄剤を使わずにぬるま湯で汗を流してから、油っぽい部分だけ敏感肌用の石鹸を泡立てて手で洗浄し、タオルの使用はやめておきましょう。

 

 

 

入浴後の保湿ケア

 

 

 

洗顔後に必ずスキンケアをするように、ボディーも入浴後に肌状態に合わせたスキンケアを習慣にしましょう。

 

 

Print

 

 

 

体に乾燥がひどい部分があるとホメオスタシスの働きにより、背中などのもともと皮脂分泌の多い部分がより皮脂を分泌してしまい、ニキビが出ることがあります。こうした肌トラブルを防ぐためにも、ボディーの保湿ケアは不可欠なのです。

 

 

 

かかとやヒジの保湿ケア

 

 

 

体の中で特に乾燥が激しいかかとやヒジ、には尿素配合のクリームをつけてラップでしばらく覆っておきましょう。

 

 

 

冬はラップをつけたまま靴下を履いて寝ると効果的です。ただし尿素は肌が敏感になっている時はしみることがあるので注意が必要です。

 

 

 

その時の状態に応じて

 

 

 

いつも同じ入浴法や保湿ケアでは、さまざまな肌トラブルを招いてしまうこともあります。

 

 

 

顔と同じように肌状態に合わせたり、季節によっても変わってくる乾燥予防や保湿ケアを心がけましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ