スポンサーリンク

意外と知らない化粧品を定義する薬機法ってなーに!?

 

 

化粧品は毎日使用するものであることから、その品質、有効性、安全性などについて、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等の製品に関する運用などを定める法律(医薬品医療機器等法)において、規制されています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

化粧品

 

 

 

薬機法での化粧品の定義は、「化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、または皮膚もしくは毛髪を健やかに保つ」ことが目的のもので、日常的に使用する肌に穏やかな作用がある物を示します。

 

 

 

医薬品

 

 

 

医師の処方により一時的に用いられるもので、病気の治療や予防に使用するものを目的とし、有効成分の効果、効能が認められています。

 

 

 

医薬部外品

 

 

 

医師の処方は必要なく、厚生労働省が許可した効果、効能の成分が含まれているものの、病気の予防を目的に作られたもので、治療を目的としたものではありません。

 

 

 

医薬品に含まれている有効成分を配合し、シミやシワ、にきびなどの肌の悩みに対応しています。

 

 

 

いわゆる薬用化粧品は、この医薬部外品に属し薬機法上は化粧品ではありません。

 

 

 

配合されている成分を全て表示することが義務付けられています!

 

 

 

化粧品は薬機法により、配合されている成分を全て表示することが義務付けられており、消費者は化粧品に配合されている成分をすることができます。もし配合されている成分に認めらていない効果を表現している広告などがあったら、その化粧品には注意が必要です。

 

 

 

image

 

 

 

また日本で製造販売された化粧品は日本の化粧品基準に準じて作られています。

 

 

 

海外製品の化粧品でも、化粧品製造販売業許可を取得した業者の適切な管理の下に流通している化粧品は、日本の化粧品基準に準じたものになっています。

 

 

 

化粧品や、医薬品、医薬部外品、それぞれが違う目的で販売されているものなので、しっかり見極めながら使いたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ