スポンサーリンク

気をつけて!若いのに更年期障害の症状が出てくる時もあるんです!!

 

 

今、(若年性更年期障害)の症状に悩まされている若い女性が非常に増えています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

原因不明の体の不調、ありませんか?

 

 

 

通常、更年期と言えば40代後半から50代くらいにエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により起こるもの。

 

 

 

動悸がする、イライラしやすい、不眠症、ほてり、めまい、吐き気、頭痛、うつ病、疲労感、肩こり、腰痛

 

 

 

image

 

 

 

など、原因がはっきりしない体の不調が見られる時期のことをいいます。

 

 

 

ところが若年性更年期障害は20代から30代の若い世代にも関わらず、一時的にエストロゲンの分泌つが減少するなど、ホルモンバランスの以上によって更年期障害のような症状が起こります。

 

 

 

また、顎に集中してできる成人ニキビ、鼻の下部分のくすみ、シミ等も、若年性更年期障害の顔に現れる症状として挙げられます。

 

 

 

若年性更年期障害、あなたは大丈夫?

 

 

この表でチェックしてみましょう。

 

 

 

□何事にもおっくうで、やる気が起き ない

 

□不眠症や、寝付きが悪いと言うような症状がある

 

□めまい、のぼせが気になる

 

□アレルギー症状が出やすい

 

□集中力や注意力がない

 

□感情の起伏が激しい

 

□慢性的な疲労を感じる

 

□胃痛、頭痛を感じる

 

□目や口中、のどが渇く

 

□風邪などの感染症にかかりやすく、治りにくい

 

□生理が不順、もしくは生理がなかなかない

 

□ネガティブ思考の傾向がある

 

□人付き合いが苦手

 

□45歳以下である

 

 

 

6個以上当てはまる場合は要注意です!!

 

 

若年性更年期障害はストレスが大きな要因です

 

 

一口にストレスといっても、精神的、身体的、環境的など、様々な種類のストレスがあります。

 

 

 

そして、全てにおいて体は常にストレスにさらされているといえます。

 

 

心地よく過ごすことでストレスは軽減されます。

 

 

例えば、おいしいものを食べたり、好きな音楽を聴いたり…

 

 

 

心が喜ぶことをしてあげれば、体にも聞いてくるはず。ストレスを軽くすれば症状も改善されるでしょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ