スポンサーリンク

笑う気分になれない時こそ、笑顔になろう♡

 

顔の表情と感情はつながっています。ちょっと実験をしてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

脳をハッピーにするには笑顔が1番

 

 

まず、怒った顔をしてみてください。次にがっかりした表情をしてみましょう。

 

 

 

そして最後に笑顔作ってみてください。
 

 

 

気持ちに変化はありませんでしたか?

 

 

 

怒った顔をしたときに、なんとなくむかつきませんでしたか?

 

 

 

がっかりした表情をするとグッと沈んだ気持ちになりませんでしたか?

 

 

 

そして笑顔になった時、ふわっと明るく、軽く明るく解放された気持ちになったのではありませんか?

 

 

 

怒った顔をしたり、眉間にしわを寄せると、ストレスホルモンが分泌されます。

 

 

image
 

 

 

ストレスを本当に感じているわけではないのに、顔の表情からストレスがあると脳が認識してしまいます。

 

 

 

一方笑顔もちゃんと認識します。

 

 

 

笑顔になると、のもリラックスして、自律神経が安定します。

 

 

 

そのために血行も良くなるので筋肉がほぐれたり、内臓にも良い影響を与えてくれます。

 

 

 

さらに笑顔はストレスホルモンの分泌つを抑えます。

 

 

 

さらには免疫力を高めるT細胞を生み出してくれます。

 

 

 

がん細胞の増殖を抑えるナチュラルキラー細胞が、笑うことで増えると言う研究データもあります。

 

 

 

笑う気分になれない時こそ

 

 

口角を上げて、眉間の力を抜いて笑ってみてください。

 

 

 

自分の感情を、笑顔でコントロールできるなんて、とても素敵なことだと思いませんか!

 

 

 

ぜひ心がけてみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ