スポンサーリンク

季節の変わり目は体調不良に注意しましょう!!

 

 

秋は爽やかで過ごしやすい季節ですが、気温の変化が激しく体調を崩しやすい時期でもあります。しっかりと体調管理をして季節の変わり目を元気に乗り切りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

秋の体調不良はどうして起こる?

 

 

image

 

 

 

原因は夏の間の生活習慣と関係があります。

 

 

 

①温度変化による自律神経の乱れ

 

 

 

寒暖差の激しい秋は、自律神経のバランスが崩れ、風邪や胃腸不良などの秋バテになりやすいのです。

 

 

 

自律神経には体温調節の役割をする働きがあります。

 

 

 

体温調節にはエネルギーが必要となるため温度差が激しい環境にいると自律神経に大きな負担がかかり血液の流れが悪くなります。

 

 

 

その結果疲れやだるさを感じやすくなりそれが秋まで続いて秋バテと言う体調不良の状態を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

②胃腸の冷えによる機能の低下

 

 

 

暑い時の冷たいものを摂りすぎによる、胃腸の冷え!

 

 

 

便秘や下痢などを引き起こすだけでなく胃腸の機能が低下して血液の流れが悪くなります。

 

 

 

秋バテを解消するには!

 

 

 

日常の生活習慣を正すことです。

 

 

 

①食事

 

 

 

夏の間に失われた体力を取り戻し、弱った胃腸を回復させることが必要です。

 

 

 

image

 

 

 

温かい料理を多く食べ、1日3食バランスの良い食事をしましょう。

 

 

 

②運動

 

 

 

image

 

 

 

少し汗をかく程度の適度な運動は血行を促し、疲労感を和らげる助けとなります。

 

 

 

日中の暑い時間はなるべく避け、朝と夕に軽くウォーキングなどを入れると良いでしょう。

 

 

 

③入浴

 

 

 

image

 

 

 

37から39度のお湯に入浴するとリラックス効果が働き、体が睡眠モードに入りやすくなります。

 

 

 

忙しくてもゆっくりとお湯につかり質の良い睡眠を取れれば秋バテの解消に役立ちます。

 

 

 

自律神経を整える為には、食事、睡眠、入浴、運動など見直し、秋の体調不良を飛ばしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ