スポンサーリンク

どんなにきれいに化粧してもガサガサ唇では魅力半減です!

 
 

ぷるぷる唇でセクシー度アップを目指しましょう

 
 
唇は、体の外に露出している唯一の粘膜です。
 
グラビアモデルはセクシーさを出すために
わざと大きめに口紅をひいたり、
唇をとがらせると表情したり… .。
 
 
image
 
 

私たちでもデートや飲み会の席になると
グロスなどでつやつやにして唇を
目立たせたりしますよね。
 
 

唇は皮膚のように
皮脂腺や汗腺がないため
ただでさえ乾燥しやすいところなのですが、胃腸などの消化器系粘膜の調子が
そのままダイレクトに現れる
ところでもあります。
 
ストレスなどで体内の粘膜が
荒れたりすると、唇も荒れたり、
口角が切れたりなどの症状が
出やすいのです。
 
 

粘膜をやさしくいたわってあげましょう

 
 
粘膜を保護するためには、タバコ、アルコール、香辛料の強い食べ物など粘膜に刺激の強いものは避けましょう。
 

外からの刺激も乾燥の原因になり得ます。
冬の乾燥した空気は、
口の水分を奪うため、唇があります。
 
ビタミンAは粘膜のビタミンとも呼ばれ、粘膜強化に役立ちます。
 
また口紅によっては、粘膜を溶かすほど強い成分が配合されているものもあり、
唇が荒れる原因になるので
なるべく刺激の少ないものを選びたいですね!
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ