スポンサーリンク

沢山ある保湿成分の違い!

 

 

なんとなく成分を知っていても、どれだけ保湿にいいのか!!

 

 

 

image

 

 

 

スポンサーリンク

 

蓄水力に優れる成分

 

 

☆プロテオグリカン

 

保湿効果のある蓄水力がヒアルロン酸の130%もあります。

 

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸と並ぶ動物の軟骨の主成分でもあり、保水性に優れ、経口摂取も可能な安全素材です。

 

 

 

☆ヒアルロン酸

 

1グラムで6リットルもの水分を保持することができます。細胞と細胞の間の隙間を埋めて、お肌のハリや潤いを保ったり、各関節のクッションとしての効果があります。

 

 

 

飲むタイプは吸収されず分解されてしまうので食べものではなくコスメで使うのがいい!

 

 

 

☆コラーゲン

 

プロテオグリカンやヒアルロン酸と同じく、もともと肌が持っている成分なので使いやすく、化粧水として使用することでお肌の保湿を促進する効果もあります。

 

 

 

食べ物や飲み物で摂ると分解されてしまいますが、コラーゲンの生成に役立つアミノ酸になります。

 

 

 

保湿力を高める成分

 

☆EGF

 

お肌は正常なターンオーバーが行われなくなり、表皮に長く同じ細胞が留まり続けることで、保湿力が落ちていってしまいます。

 

EGFは表皮に働きかけて新しい細胞に生まれ変わらせることが出来るので肌にうるおいやハリを取り戻すことができます。

 

 

 

☆アミノ酸

 

肌の保湿成分や美肌を作り関節の保護を行うコラーゲンを生成促進する効果や材料となる効果を持つものがあります。

 

コラーゲンなどを飲むとアミノ酸に分解されて吸収されるので、間接的には意味があります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ