スポンサーリンク

大きな口で笑ったり歯を出して写真に写れますか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

丈夫な白い歯になりたい!

 

 

歯並びが整っていて歯の色が白い人は、清潔で爽やかな印象受けます。

 

 

 

アメリカでは歯並びを直したり、歯を白くすることは、もはや常識になっていますが日本ではまだ気にする人が少ないのではないでしょうか。

 

 

 

実は、歯の色には体内の様子がかなり影響しています

 

 

腸での栄養吸収が活発でないと、体内のタンパク質とミネラルが上手に代謝できないので、歯の色が黄色っぽくなったり黒ずんだりまたは縦に線が入ったり先がギザギザしたりします。

 

 

 

こーゆー症状のある場合は、爪も柔らかく、2枚爪や線が入ったり…と言うような他の症状も見られます。

 

 

 

まずは腸を強化しましょう。栄養吸収が正常になりタンパク質やミネラルなどのバランスも改善されるので、歯が丈夫になってきます。

 

 

 

黄色く、くすんでしまった歯はどうしたら良い?

 

 

歯の色は、歳とともに黄色っぽくなっていきます。これは、エナメル質の厚さなどによるもので、年が経つにつれ黄色い象牙質の色が表面に出てきます。

 

 

 

このため、歳をとるごとに黄ばんだような色になっていくのです。また、タバコのヤニやお茶の色素などの沈着も歯の色を悪化させます。

 

 

 

オススメなのは、めがねふきのような素材のマイクのピーリングタオルで歯を磨くこと。驚くほど艶やかで綺麗な歯になります。宝石を磨くように歯もポリッシュして大切にしてください。

 

 

 

他に歯医者さんでできる歯のホワイトニングのトリートメントや、ドラッグストアで手に入る歯の色を脱色するブリーチトレイ等で歯の色をきれいにするのも手です。

 

 

 

image

 

 

 

いくら肌のお手入れをしていて若々しく見えても歯が黄ばんでいては清潔感もなく綺麗には見えません。

 

 

 

綺麗な白い歯を手に入れてお顔の印象を良くしていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ